出会った橋ール・ピュイの道-8

5月24日巡礼16日目、"Le Puyの道"750kmの中間地点を通過した。時として、延々と続く単調な風景の中をただ一人歩いた。そして、約10kgの荷物も苦にならなくなり、膝や腰の痛みも忘れて黙々と歩いてきた。

ロット川の対岸に”黒いワイン”で知られるCahorsの街並みが現れてきた。木立の傍に毅然と佇む建物は世界遺産サンテティエンヌ大聖堂だろう。

f:id:peregrino:20210405135323j:plain

予約していた宿で受付の頭上にぶら下がった混雑時の予備らしいベッドが提供された。ちゃんとしたベッドを提供しろと、お互い拙い英語でやりあうが埒があかない。予約メールのコピーをふと思い出し取り出すと、ヘラヘラ笑いながら客室のベッドの案内した。全く油断ならない。でも、これも我が旅の日常でもある。

シャワー、洗濯を済まし街歩きにでかける。ケルト、ローマに端を発し中世の都として現在の姿を完成した街である。痛みは見かけられるも中世の面影を色濃く残している。

f:id:peregrino:20210405142853j:plain

こちらでは、このような古い佇まいが当たり前のように残っており、至る所でその歴史的な空気の中に浸ることができる。一方、日本では街中の歴史的な佇まいが次々と消えていく。壊れにくく燃えにくい石造と、壊れやすく燃えやすい木造の違いだとよく言われる。しかし、生活に少しばかり踏み込んだ旅をしているとどうもそれだけではないと気付かされる。壊れないのではなく、壊さないのだと。先日も建て替えで問題となった東京海上日動ビル、帝国ホテルの再建て替えの新聞記事を目にした。  

12C建設のサンテティエンヌ大聖堂の前に来た。ロマネスクとゴシック両様式の過渡期のためか正面は特段の見所がない。北扉口に「キリスト昇天」のタンパンがあるとのことで北側に回り込む。テーマは、”キリストが昇天を目撃した使徒達の不安を鎮めるために天使が降りてくる”である。大きく仰反る使徒の姿が面白い。

f:id:peregrino:20210405143010j:plain

 内部に入ると天井面に二つの大きなドームが目に入る。高さ32m、直径18mはフランス最大とのことで圧巻である。一方には何も描かれていないが、もう一方にはフレスコがが残っている。

f:id:peregrino:20210405140039j:plain

 外部壁面丈夫には軒先を支えるモディヨンがずらりと並んでいる。構造的にはあまり有効とは思えないが、さまざまな表情の像がずらりと並んでいるところを見ると装飾的なものとも見える。表情から見ると魔除けとも思えない。そういえば日本でも伊藤忠太の建物に似たような像が見られる。

f:id:peregrino:20210408100458j:plain

再び街歩きを続ける。あちこちの建物の壁面には作者知らずのアートが並び、街中ギャラリーを愉しむことができる。

f:id:peregrino:20210405153916j:plain

翌朝、世界遺産のヴァラントレ橋を渡り街を離れる。14世紀に要塞橋として架橋されたゴシック様式の橋である。

f:id:peregrino:20210330171145j:plain

真ん中の塔の上部をよく見ると悪魔がしがみついている。19世紀に修復された時、この地に伝わる”悪魔の橋”伝説にちなんで取り付けられたそうだ。

f:id:peregrino:20210405141009j:plain

そう言えば、スペインはサラマンカの旧カテドラルの入り口では宇宙飛行士に出会った。世界遺産登録前だからできた遊びだろうか。この伝説についてお知りになりたい方は、本ブログの2018年8月3日「ヴァラントレ橋の悪魔」を覗いてください。

続く

 

この魔橋伝説は古代ローマ橋があるところ、ほとんど全てに見られる。そこから推測されるのは、古代ローマの架橋技術の途方もない優秀さ、ひいては後代の衰退ぶり。ローマ帝国が滅びると共に、あれだけ優れた土木建築技術までも失われてしまったのだ。なぜなら宗教に重苦しく覆われた中世社会では、かつて「大技術者」として尊敬されていた建築家は職人の座に追い落とされ、人材も枯渇した。つまりテクノロジーが教会に阻まれたせいで、人々は絶景の地に架かる古橋を見ると、「悪魔でなければ建てられたはずはない」と驚き言ったというのだ。

   「橋をめぐる物語」中野京子/河出書房新社  

 



 

出会った橋ール・ピュイの道-7

普通の観光旅行であるとフランスは観光国と思い込んでしまうが、今回の旅から私はフランスは農業国であったと強く実感させられた。巡礼路は広大な小麦畑、葡萄畑そして牧草地を縫いながら先へ先へと伸びてゆく。

5月21日、三つに分岐した巡礼路のうちCele川沿いに歩き「フランスで最も美しい村」St-Cirq Lapopieに立ち寄るルートを選んで歩を進めた。

途中、Cornでという集落で数人の牧童が数百匹の羊の大群を導く場面に出会った。

f:id:peregrino:20210330160208j:plain

この季節には新鮮な牧草を求めて国内を移動するという。羊の背中には色々なマークが描かれ、耳にはナンバーの打たれたタグがつけらrている。複数の牧畜家が共同で行動しているようだ。

f:id:peregrino:20210330160752j:plain

5月23日、途中で合流したLot川に沿ってSt-Cirq Lapopieへと向かう。河岸の壁面をカットして作った道4kmを往復する。いかにもフランスらしくアート仕立てである。

f:id:peregrino:20210330162232j:plain

観光客とは逆のアプローチのため全く人の気配もなく静まり返っている。村には15〜16世紀の佇まいが色濃く残されており、中世にワープでもしたような気分に浸れるぶらぶらと歩き回っているうちに2時間が経過していた。今では日本からのツアーにも組み込まれており、時期を誤ればと思った。幸いにも日本のゴールデンウィーク、フランスのバカンスの谷間であった。

f:id:peregrino:20210330162520j:plain

f:id:peregrino:20210401175330j:plain

24日、ロット川傍に設けられた水路を船旅を楽しむボートが行き来する。水位調節の閘門の開閉を慣れた手つきで操作する。家族づれが多く日本のレジャーの過ごし方との違いを感じる。

f:id:peregrino:20210330163256j:plain

川の脇の巡礼路ではCahorsの街が近づいたせいか、身軽な装備のハイカーが行き交うようになる。

f:id:peregrino:20210330163417j:plain

続く

 

昨年秋、元気よく咲き乱れるセイタカアワダチソウに見入って写真に納めました。側には来春の開花を待つ桜の並木がありました。

f:id:peregrino:20210401183437j:plain

今や、朝のウオーキングコースの桜も満開です。土日にはご多分もれず密状態です。先日、一部の桜が古木のためか伐採されました。しかし、その後には若い桜は見られません。昨年の秋に撮影した同じ場所です。

f:id:peregrino:20210401183314j:plain



 

 

 

 

 

 

出会った橋ール・ピュイの道-6

3月18日、山間部を歩くMassif Central中央山塊を抜け出て、標高300m前後のゆるい起伏の開けた地形に変わる。周りには広大な農地が展開し、農業国フランスの一旦を垣間見る。次の作物のために開墾された農地はまるで地上に描かれた絵画を思わせる。

f:id:peregrino:20210322152759j:plain

そよ風に靡く小麦の穂波がキラキラと輝き、近づきつつある夏を感じさせる。

f:id:peregrino:20210322153006j:plain

Livinhac le Hautの宿ではフランス人若者のグループがヨガ教室と称するストレッチ運動に参加する。左端の美脚?が私である。

f:id:peregrino:20210315151004j:plain

19日の宿Figeacは、ナポレオンがエジプト遠征中に発見したロゼッタストーンを解読したエジプト学シャンポリオンの生誕地である。本物は色々の経緯を経て今では大英博物館に収まっている。でも、ここには本物の数百倍のレプリカが横たわっている。

f:id:peregrino:20210324165215j:plain

ヨーロッパを旅していると思いがけないところで、世界史の授業で出会った現場に遭遇する。今や知識としての役には立たないが、空想を大きく広げてくれる。

街中には コロンバージュ様式の建物の建ち並ぶ。軸組は構造的に必要というよりファサードデザインそのものになっているのかと思ってしまう。

f:id:peregrino:20210322154244j:plain

 巡礼路はここで三本に別れる。どの道を進むかを考えることになる。一本はメインの巡礼路。一本は渓谷の切り立った絶壁の村Rocamadourを通る。そして、もう一つはCele川沿いを歩き、途中で「フランスの最も美しい村」St-Sirq-Lapopieに立ち寄れる。1日を休息にあてRocamadourを往復し、その後St-Cirq-Rapopieに立ち寄るVarianteと称するサブルートを進むこととした。

20日、電車で巡礼路では初の日本人大阪の一人旅の女性に出会った。おかげで、駅からrocamadourまでの6kmの砂利道歩きは楽しいものになった。

巡礼路沿いには嘗ての集落が続く。巡礼者が祈りを捧げながら膝をついて上ったという216段の階段を上るとそこには7つの聖堂と黒い聖母像ノートルダム礼拝堂が佇んでいる。さらに、ジグザグの坂道を上ると領主の館があり、嘗ての階級制度がビジュアルに展開している。

f:id:peregrino:20210322155242j:plain

頂上からは延々とつづく巡礼路が一望のもとに収まり、広大な展望が愉しめる。。

f:id:peregrino:20210322155704j:plain

 帰りの電車では、母親と息子の二人連れと話し込む。休みを利用して数日区切りの巡礼を続けているという。私にはできないが羨ましい旅である。久しぶりにゆったりとした1日が過ごせた。

続く

 

田舎もインバウンドや、東京の人が来なくなって苦しいですが、それ以上に、東京で狭い家に籠っていると、産業も含めて、東京には何も本当に自立したものがないことに気付くわけです。縦から来たものを横に流してきただけで、自給能力がない。子供すら自給できていない。いくら田舎から若者を入れても、彼らも子孫を残せず、どんどん少子化している。

  「東京脱出論」 藻谷浩介✖️寺本英仁/ブックマン社

 

出会った橋ール・ピュイの道-5

5月17日、目的地はその名がホタテ貝に似た村の形に由来するConqueである。四世紀末からキリスト教徒が隠れ住み、中世にロマネスク様式のサント・フォア修道院が建造されサンティアゴ巡礼路に組み込まれた。今では「フランスの最も美しい村」の一つとしてフランス有数の観光地となっている。私にとっても今回の旅の最も期待を持って訪れる地である。自動車道の巡礼路を進むと、左側にうっかりすると通り過ぎてしまそうな木立の中へと降る坂道が目に入った。人一人が通れるくらいの狭さで足元は不安定なガレの急坂を降る。やがて教会の尖塔が目に入る。村のメインストリート「シャルルマーニュ通り」を進み宿に入る。

ベッドを確保しシャワー、洗濯を済ました後、世界遺産に登録されているサント・フォア修道院へと宿を出る。いかにもロマネスクらしい控えめな佇まいのファサードである。入り口の上部にはお約束の”タンパン”。嘗ては、海外の教会巡りはステンドグラス巡りであったが、サンティアゴ巡礼を始めてからすっかりタンパンに取り憑かれてしまった。

f:id:peregrino:20210315143959j:plain

タンパンとは入り口上部のアーチの装飾的な壁面で、キリスト教建築では宗教的情景が通例である。ここのタンパンのテーマはあの「最後の審判」で、ロマネスクを代表する傑作と言われている。

f:id:peregrino:20210315160902j:plain

私の拙い説明にかえて木村尚三郎さんの「粋な時間にしひがし」の説明を紹介する。

教会正面(西門)入り口の上部タンパン(三角小間)には、キリストをはじめマリア、聖ペテロ、天使、墓から立ち上がる死者、天国行きか地獄行きか、死者の魂をはかる聖ミカエル、その秤を地獄に傾けようとする悪魔、怪物の口から地獄に押し込まれ、さまざまな呵責を受ける亡者たちなどの迫真力にみちたロマネスク彫刻群がある。

  

f:id:peregrino:20210315143705j:plain

よく見ると何者かがアーチの縁から顔をのぞかせている。”好奇心”を表現しているが思わず『座布団一枚』と叫びそうになった。

f:id:peregrino:20210315162153j:plain

住人300人にも満たないのごく小さな村であるが、時間を忘れて歩き回った。民家はコロンバージュ様式の骨組みと灰色のスレート屋根。まさに「フランスの最も美しい村」であった。

f:id:peregrino:20210315144641j:plain

翌朝、谷から湧き上がる雲海?に浮かび上がる教会に見送られてコンクに別れを告げる。出口は谷底ということもあり苔むした小ぶりなありきたりの橋である。歴史的な背景を理解していなければ、何故この橋が世界遺産なのかと首を傾げながら通り越してしまう。

f:id:peregrino:20210315145118j:plain

再び、谷底から高度を上げると小さな礼拝堂忽然と現われた。大聖堂も見事であるが、あちこちで出会うこの様な礼拝堂は心を和ませてくれる。

f:id:peregrino:20210315145357j:plain

 続く

 

「ロマネスク」という様式はロマネスク時代にあったのではなく、19世紀の初めにイギリスとフランスの好古家(考古学者の前身)によってそれぞれ個別に編み出された言葉なのだが、意味するところは、「ローマ風の」である。より砕いて言えば、古代ローマに似ているが異なる、似て非なるという意味である。古代ローマの建築や装飾を手本にしながら、それぞれの地で異なった表現が試みられたということだ。

  「ロマネスクとは何か 石と葡萄の精神史」 酒井健/ちくま新書

出会った橋ール・ピュイの道-4

5月16日、Verrieresと言うごく小さな集落を通りかかった。その後を含めて多くの「フランスのもっとも美しい村」に出会った。一瞬、御伽の国に迷い込んだかと思った。美しいかどうかは別にして、それらの村に劣らない村として記憶に刻み込まれている。

f:id:peregrino:20210308142037j:plain

ロト川沿いにさらに進むとゴシック様式の橋が現れた。その姿はシンプルであるが、何となく風格が感じられ世界遺産にも登録されている。"美しい村"のEstaingである。

f:id:peregrino:20210308142620j:plain

13世紀発祥の名門エスタン家のシャトーは、今ではその系統を繋ぐ元大統領のディスカール・デスタンが所有している。時代を経る中で様々な様式が積み重ねられ、見る者を飽きさせない姿を呈している。

f:id:peregrino:20210308143213j:plain

いつもの様に高い所から甍の波を愉しみたいと塔の上に登る。足元を見下ろすと屋根の形や家並みにはバラバラ感は免れないが、屋根の材質や色彩の一体感により私の期待に十分に応える景観を提供してくれた。

f:id:peregrino:20210308143543j:plain

朝の小雨の名残で瑞々しさを増している緑の中を進む。宿はGolinhacである。

f:id:peregrino:20210308144127j:plain

先に到着したフランス人のグループが笑顔とビールで出迎えてくれた。その後、このグループとは前後しながら歩く。理解度は気にしないで気軽に会話を交わした。ところで左から二人目の男性は私が馴染みにしている理髪店のマスターにそっくりであった。

f:id:peregrino:20210308144345j:plain

 帰国後、散髪に行った時マスターにこの写真を見せ「フランス人女性と何かあったのでは」とカマをかけたが、私の拙い”フランス流のエスプリ?”は一顧だにされなかった。

 今朝、NHK BSプレミアムで久しぶりにロングトレイル番組「一本の道」に出会った。時節柄、すでに視聴したものであったが、見ているうちにアル中症状が再発して来た。”行きたい”と言うより「帰りたい」と言う感じであった。

続く

 

コレクションをやっていて気づいたんですが、フランスは原発王国でしょう、全電力生産の七割以上を原子力発電でまかなっている。原発のある場所が全部、ワインの生産地なんです。

ワインは痩せ地がいい。痩せて火山性で水持ちが悪い、肥料をやってもすぐ染みてしまって、荒れたままで豊かにならない。そういう荒れ地がワインに適している。川沿いの斜面なんかも、それは川の霧が立ち上がって保温するわけです。

(中略)、仮に福島のような事故があっても、その地方のワインが飲めまくなるだけ。街から離れているし、ワインを作っているだけなので住民も少ない。何かあっても、日本のようにはなりません。

   「すごいトシヨリBook トシをとると楽しみがふえる」池内紀/毎日新聞出版

 

 

出会った橋ール・ピュイの道-3

5月15日、昨日の白の世界から緑の世界に返った道を進む。Saint cheiy d'Aubracの集落と別れを告げる水路に架かるペルラン橋を渡る。巡礼路ではその一部や路上の建造物が世界遺産の構成要素として登録されている。中世に架けられたこの橋も登録されており、橋の袂に説明書きがあるが・・・

f:id:peregrino:20210301143332j:plain

少し高いところから見下ろすとグレー系の色調に統一された甍の波が一服の絵画を思わせる。

f:id:peregrino:20210301143709j:plain

目の前に教会の尖塔が現れた。「フランスの最も美しい村」のSaint Come d'Oltである。確かに美しいが”最も”と言いながらも150以上もある。

f:id:peregrino:20210301144055j:plain

標高300m台まで下り、村の中には久しぶりの川らしい川ロット川が流れている。

f:id:peregrino:20210301145134j:plain

途中見かけた教会に近づくとあの先頭の捻れは歴史のなせる技ではなくレッキとしたデザインであった。いかにもフランスである。

f:id:peregrino:20210301145420j:plain

川沿いに進むと前方に赤いアーチ橋が現れた。これも世界遺産登録のヴェー橋であり城下町の入り口としての風格を感じさせる。宿泊予定地のEspalionである。「フランス南部最初の笑顔」と賞され、”フランス北部からの禁欲的な巡礼路を辿ってきた巡礼者には理解されている”と言うが、私には理解の及ばない表現である。

f:id:peregrino:20210301145731j:plain

ロット川に架かる橋や川沿いの古い民家はまるで安野光雅さんの絵本を見ている様である。

f:id:peregrino:20210301145853j:plain

嘗ては皮なめし工場であった川沿いの建物の足元には川の水位に合わせた作業ができる様に石の階段が残されている。

f:id:peregrino:20210301150407j:plain

 宿では、車で巡礼中でポーランド居住の88歳のスイス人に出会った。各地の港で入港する船に出向く牧師として神戸にも住んでいたと言い、久しぶりに日本語で話し込んだ。

地方に行くと日本人は珍しいためかよく声をかけられる。日本にいた事がある、子供が日本にいるといった人達で、お互い英語が母国語でない事もあり共通の話題で話が弾む。

続く

 

旅先では、よほどのことがないかぎり話す相手がいない。せいぜいサービス業の人を相手に互いに片言の英語で必要なことを話すぐらいだ。

手紙を書いた相手はさまざまだが、主として四人に書いていた。日々の体験を伝えたくて書いていたということもある。しかし、それだけでなく、単に誰かに語りかけることでうちに向かおうとする精神の、そのバランスを必死に取ろうとしていたと言うこともあるような気がする。

   「旅する力」 沢木耕太郎/新潮文庫

出会った橋ール・ピュイの道-2

5月9日、巡礼を前にしたミサに参列すべくノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂に向かう。主教の祝福に続いて国別の巡礼者の紹介があり"ジャポン"が耳に入った。続いてオンリーワンの言葉も聞こえた。周りは西洋人ばかりであり主教が何を言っているのか私なりに理解できた。少しばかりの誇りを胸に大聖堂を後にした。

f:id:peregrino:20210223155302j:plain

ところが、行程の半ばを過ぎた頃から危惧していた歩き始めの腰痛がおそってきた。運よく出会った地元の人が車で宿泊予定の宿に送り届けてくれた。そして翌日またしても腰痛襲来。ここでも後からやって来た巡礼者がスマホでタクシーを呼んでくれた。

翌11日、心配した腰痛はありがたいことに収まり、宿泊地Sauguesの宿に無事到着できた。ほっとしながら前庭を見ると前日出会った8人連れの大家族が水遊びを楽しんでいる。

f:id:peregrino:20210223155610j:plain

ポニーに赤ちゃんと荷物を乗せゆったりと旅を愉しんでいる。

f:id:peregrino:20210223181743j:plain

その姿を見ているとあの様な旅も良いものだと思う。かく言う私はもっぱら”何が面白くて”と思われるバックパック一人旅にはまり込んでいる。そしてその日、一人ささやかながらも77歳の誕生日を迎えることができた。

13日朝、外を見ると屋根にうっすらと雪が積もっている。そう言えば前日二人連れのフランス人に「明日は雪」と言われ、この5月に冗談かと思って聞いたが本当だった。

雪の中を歩き始めたがとにかく寒さが堪える。周りの人はちゃんと寒さ対策をしているが私は夏装備である。

f:id:peregrino:20210223162720j:plain

何とかその日は予定通り歩き終えたが、翌日も低気圧が停滞し雪は降り続ける。道路脇には冬の雪景色の写真が掲示されている。

f:id:peregrino:20210223163618j:plain

標高が1,300mを超え、嘗ては「Aubracの荒野越え」と巡礼路最大の難所と言われていた。今では巡礼路は整備され、気候の穏やかな5月とタカを括っていたが、このところの気候不純の一端を身を持って感じることとなった。

気温はどんどん低下するし、積雪に隠れた足元は不安定で恐る恐る進む。大袈裟ながら高倉健の「八甲田山」が思い浮かぶ。周りには人家も人影も見当たらない。

f:id:peregrino:20210223165415j:plain

まさかとは思いながらも不吉な考えが過ぎる。石垣と木柵を頼りに黙々と歩き続ける。

そしてやっとのことでSt chely d'Aubrscに辿り着き、バルで暑いコーヒーを流し込み一息付いた後宿へと向かった。

ところが、暖かい食堂ではどこから湧き出たのか多くの人が平穏な会話を愉しんでいた。

f:id:peregrino:20210223171046j:plain

とりあえず橋は渡れた。

続く
 

ピンチをチャンスに変えるのが「教養」の力だ  出口治明

教養はどうやって身につけるのか。それは人・本・旅の三つに尽きると考えています。いろんな人に会って話を聞く、たくさんの本を読んで賢い人たちの知識と考えを学ぶ、自分自身が広い世界(世間)を歩いて見聞を広める。この方法以外にはないでしょう。この三つの中で、本は時間やコストの制約から考えると最も効率の良い方法です。

  「文藝春秋オピニオン 2021年の論点100」文藝春秋