第十三便 5月17日(木) 晴

Golinhac〜Conques 21km

昨日レストランで一人で席に着くと、一緒に食事しませんかと声がかかった。兄弟夫婦18人のグループ。メニューがわからなく注文を迷っていると、、英語が話せる人が説明してくれ、間違いのない食事ができました。

f:id:peregrino:20180519013609j:image

Aligot と言うマッシュポテトとチーズを混ぜた料理があっさりして美味しかった。

f:id:peregrino:20180519013637j:image

そして定例の食後の会話も英語のできる人を介して仲間に入れた。仏語は単語を幾つか知っているだけだが心配ない。

今日は待望のコンク訪問。しかし途中から腰の異常。心配した痛みは少ないものの膝に問題のある左によれて歩く。でも何とか到着。シャワー/選択の後サント-フォア協会へ。

入口タンパンの最後の審判は非常にい面白い。

f:id:peregrino:20180519013759j:image

f:id:peregrino:20180519013849j:image

f:id:peregrino:20180519013924j:image

内部の柱頭彫刻も。

f:id:peregrino:20180519013957j:image

 集落の中はどこを切り取っても絵になる。
f:id:peregrino:20180519014142j:image

f:id:peregrino:20180519014217j:image

f:id:peregrino:20180519014251j:image

f:id:peregrino:20180519014432j:image

f:id:peregrino:20180519014327j:image

ここにも日本からの団体さん。案内所で貰ったパンフも日本語。