読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続続・エキナカアート

黄色ラインを引き返しマルケス・デ・ポンバル駅で青ラインに乗り換えると次の駅は「パルケ駅」。ここには一世を風靡した"大航海時代"をテーマにしたアズレージョ。海賊の館といった演出である。この駅は名前の通りエドウアルド公園の最寄駅で、地上に出るとフランス式庭園越しにリスボン市街一望に見渡せる絶好の展望台となっている。
f:id:peregrino:20151016162533j:image
パルケ駅
f:id:peregrino:20151016163249j:image
パルケ駅
三つ先の「ジャルディン・ズロジコ駅」は当然ながら動物達。一風変わった水彩画のような出来上がり。

f:id:peregrino:20151016162743j:image
ジャルディン・ズロジコ駅
更に進んで「アルト・ドス・モイニョス駅」。街中の人物を描いたブルーの線描画が新鮮に映る。
f:id:peregrino:20151016162907j:image
アルト・ドス・モイニョス駅
次の「コレジオ・ミリタール/ルス駅」は絵タイルのコラージュ。意味するところは判らないが、駅名から類推すると地上には軍の学校が有り、その関係の絵柄か暗号めいている。
f:id:peregrino:20151016163124j:image
コレジオ・ミリタール/ルス駅
残された駅でも興味深いアズレージョが見つかるかも知れないが、取り敢えず事前に調べたものは見て回ることができたので、ここらで"リスボン メトロ ミュージアム"を出ることとする。