読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガウディ遍歴ー2

7月1日(水) 晴れ
Barcelona(郊外/モンジュイク)

ガウディの発想の原点であるMontoseratそして構造検証の原点colonia guell教会訪問。
朝1番でMontseratに出かける。まだ観光客が動いていないので、黒いマリア像をじっくりと鑑賞できる。とにかく高い所に登りたいのでケーブルカーでSant Juanに出かける。ところが展望の効く頂上には15分急な山道をよじ登らねば。サンダル履きで注意深く。頂上の展望はこれまた360度。周りの岩はいかにもガウディの建物を想起させる。苦労して来たかいがあった。下の方でロッククライミング


f:id:peregrino:20150717151536j:plain


コロニアグエルの地下聖堂
帰途途中下車でColonia Guelへ。この教会は工業を中心としたまちづくりの一環として建てられたもの。街中に点在するガウディ一家?の住宅等が、一つのデザインコードとなっており落ち着いた感じの街。これを巡って教会へ。ここは一般の観光客が来ないので静か。しばらくの間独り占めで大満足。石造りの素朴な教会。これが近代科学の検証の結果とはとても信じられない。


f:id:peregrino:20150717151614j:plain


番外/バルセロナパビリオン(ミース)
思っていたよりも小さくほぼワンルームで、周辺に水を配した外構。これで5ユーロ。一般の人は詐欺にあったよう。分厚い大理石の間仕切りの色が印象的。職人が床に敷くシートの張替えをトロトロとやっていて雰囲気を壊す。


f:id:peregrino:20150717151724j:plain



番外カイシャフォルム(カダファルク/エントランスは磯崎新)
模様替えの為入場不可。エントランスは白一色で直線的なデザイン。いかにも日本人デザイナー。

帰りにカタルーニア美術館へ。ここもシニアはfree。ロマネスク以前とゴシック以後を分けて展示しており、その違いが非常に分かりやすい。しかし田舎の教会から剥がしてきた宗教画。保存にはいいが、今まで見てきたものを考えると何か違うなという感じ・・・・・


f:id:peregrino:20150717151836j:plain
美術館内でのコンサート