読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ談義2

6月26日(金) 曇り後晴れ
Silleda5:45~25.3km~Outeiro/A Vendra11:50
宿の近辺でWiFi環境が無いので27日Santiago到着後送ります。
本コース最後の難所、谷に下りまた200mの上り。
宿でアメリカから来た72才の女性に出会った。一人で同じくSevillaから歩いてきたそうです。5月5日スタートとのことで明日Santiago到着。55日と私の37日よりはるかに長いが、体力に合わせて着実に歩いてきたのでしょう。それにしてもその気力は感服ものです。途中で84才のアメリカ人男性に会ったそうで、もう何も言うことが有りません。


f:id:peregrino:20150627214443j:plain
広大な大地が有りながら、何故かくも高い地に居を構えるのか


f:id:peregrino:20150627214708j:plain
スペイン、特に北部は石の文化ー全て絵になる


巡礼行も後一日となりましたが、以前書きましたゴルフ談義の後編。一日繰り上げで総括します。(結果は修正済)
第二ラウンド
Castilla/Galiciaコース(Salamanca~Samtiago de Conpostela)
18H/490km/73打/整備良
01/36.0/5/3/-2
02/32.0/5/3/-2
03/18.6/3/1/-2/ホールインワン
04/23.3/4/2/-2
05/26.0/4/2/-2/05~13番Hまでキディー
06/32.0/5/3/-2
07/26.1/4/3/-1
08/31.3/4/3/-1
09/31.0/4/3/-1
10/24.7/4/3/-1
11/35.4/5/4/-1
12/33.8/5/4/-1
13/23.4/4/2/-2
14/21.9/3/2/-1
15/20.1/3/2/-1
16/29.3/4/2/-2
17/25.3/4/2/-2
18/17.3/3/1/-2/ホールインワン
計/490/73/45/28
総括
28アンダーと第一ラウンド比べ大幅な伸び。これはコースの整備状況がよく、さらに天候に恵まれ、そして1番の要因は第一ラウンドでの反省を踏まえて、気力を充実して臨んだ結果である。
全体総括
ご覧の通り巡礼ゴルフ論は成り立たないことが証明されました。色々な要因が複雑に影響するものであって、単純に理論構築ができるとは思っていました。しかし私なりには何となく実感が感じられる結果だと思います。単純な思いつきに皆様を巻き込んだことをお詫びしてこれは無かったことにしていただきます。

Santiagoのカフェで