読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア信仰

6月18日(木) 晴れ
Puebla de Sanabria5:50~31.0km~Lubian12:35
昨日の出発5:55,到着11:55。天気は晴れです。失礼しました。
今日も自動車道路を歩く。寒くて手がかじかむ。7.7度。カメラのシャッターを切るのも一苦労。


f:id:peregrino:20150618215354j:plain
コース最高地点1,360mをクリア。自動車道路の登り勾配は多分6%?と思うが、ダラダラと続く登り。体力より気力が要求される。膝を傷めている私に取ってはその後の下りが堪える。
宿は山の中の小さな集落で、それこそ野面積みの家。


f:id:peregrino:20150618221213j:plain




スペインでは教会に行くと必ずマリア像があり、カテドラルのMUSEOには多くのマリア像が集められています。又集落の壁にはタイルに焼き付けたマリア像が貼付けられています。そして何か宗教的儀式として路上に写真に見られる飾り付けがありました。


f:id:peregrino:20150617231841j:plain


マリア様については無原罪の宿りとか、これも理解を超える教えが深く信じられており戸惑いを感じます。信者の方には申し訳ありません。

スペインにおけるこのマリア信仰というものの過剰さ加減は、異教徒ならずともすべての外国人にとってはいささかならず異様のものとして目に映るのである。
    スペイン断章 堀田善衛