Armagnacの宿

「ル・ピュイの道」の巡礼行は32日であったが、前後の寄り道を加えて39泊41日の旅であった。巡礼中の宿は主としてGiteと言われるフランス版のお遍路宿であり、ベッド数は大半が10〜20と小規模で、男女共同のドミトリータイプである。食事を提供する家族経営の民営と自炊主体の公営があり、料金は2食付きでほぼ€30〜35,素泊りでほぼ€15〜20で公営がやや安めである。スペインの宿albergueと異なり予約が効く為、収容力が少ない村や観光地の宿は国内からインターネットで予約し、後は現地の観光案内所に予約をお願いし、2〜3箇所を除いて希望通りの宿に宿泊できた。

中でも満足度の高かった2〜3の宿を半年後の今思い起こしてみる。

「ル・ピュイの道」巡礼のブログで気になる宿に出会った。コニャックと並ぶブランデー産地のアルマニャック地方のカーヴを持つ宿で日本で言う"農家民宿"である。ブランデーには特段の知識もこだわりも持たぬ私ではあるが、普通の観光では触れる事はないフランス人の生活を垣間見えるのではと宿泊を決めた。人気が有るらしいがメールアドレスは無く、現地の観光案内所office de tourisme から無事予約。

アレクサンドル・デュマの"三銃士"  のダルタニアンがパリへと旅立ったとされるCondom。中央広場の大聖堂前には立派な銅像が建っている。因みに名前から類推される様にコンドームはこの街発祥と言われている。興味深い街であるが先を急ぐ。途中から巡礼路を外れ以前紹介した"美し村"Larressingleに立ち寄る。やがて人家も人影も見当たらなくなる。少し不安を感じた頃ブドウ畑の中に宿の看板を見つけた。そしてその先に一軒の農家が佇んでいた。ここが今夜の宿。

f:id:peregrino:20190307161756j:image

f:id:peregrino:20190307162243j:image

夕食までの時間目的も無く付近をぶらつく。木陰にキャンピングカーを見つけた。ブログを書いた人は予約を取れなかったが何とか頼み込んで此処にベッドを確保したとあった。

f:id:peregrino:20190307162343j:image

敷地内のあちこちでは小型の馬やロバが悠然とうろついており、七面鳥?や 猫が昼寝をしている。暫くの間長閑な時間を満喫する。

f:id:peregrino:20190307161950j:image

f:id:peregrino:20190307162022j:image

f:id:peregrino:20190307162117j:image

夕食の時間が近づくと嘗てのマドモアゼルが湧き出してきた。農家に付随するカーヴで 夕食前のブランデーの試飲の時間である。

f:id:peregrino:20190307162649j:image

f:id:peregrino:20190307162854j:image

カーヴの中に入ると家族経営のためなのか樽の量はそんなに多くない。フランスの一般的な農家を実感する。オーナーが説明を始めるが全く理解不能である。しかし、屋内に漂う芳醇な香りと目の前に並ぶボトル群で十分である。そして何種類かのブランドが供される。観光地での試飲と違いエンドレスで次々とグラスに注ぎ込まれる。結構出来上がっていよいよ夕食となる。

f:id:peregrino:20190307162930j:image

食堂の長いテーブルに自由に席を占めるが、両端にはオーナー夫妻が座り食事を共にする。これが家族経営の宿の一般的な夕食である。

f:id:peregrino:20190307163118j:image

隣のキッチンではオーナーのご両親も密かに食事を共にしていた。

f:id:peregrino:20190307163311j:image

料理は所謂ローカルフードであろうが味とボリュームは満足である。

f:id:peregrino:20190307163156j:image

味はシンプルであり物足りない場合は塩胡椒で調整する。

f:id:peregrino:20190307163501j:image

デザートのケーキにもドボドボッとブランデーが注ぎ込まれる。

f:id:peregrino:20190307163237j:image

フランス語とほんの少しの英語の長い 晩餐であったが十分に楽しみ、フランスのライフスタイルの一端を垣間見る事が出来た。

壁に貼られた価格表が目に入った。一般的な価格は知らないがどうも安価な様に思えた。田舎の小規模の農家の現地価格であろうか。

f:id:peregrino:20190307163600j:image

灯りのない外に出ると静まり返った空気の中で濃くて青い空が目に沁みた。

f:id:peregrino:20190307163643j:image

この宿の選択は間違いなかった。

 

 

 

旅での出会い 建築

先日建築家の磯崎新氏がプリッカー賞を受賞したというニュースに接した。建築のノーベル賞と言われ、建築に関心のあるものにとっては喜ばしい出来事である。ハイアットホテルのオーナーが設立したハイアット財団が1979年から毎年一人の建築家に授与している。受賞者の約2割にあたる8名が日本人建築家である。

ところで、海外を旅していると様々な形で"日本"に出会う。どちらかと言えば装飾過多の建築物の中で、シンプルでありながら凛として佇む"日本の建築"が一時の安らぎを与えてくれた。

「北の道」のゲルニカを過ぎると翌日はグッゲンハイム美術館で一躍脚光を浴びたビルバオに到着する。ネルビオン川に架かるワイヤーで吊られた軽快な白色の人道橋ズビズリ橋に接続して磯崎氏の二本の塔のイソザキ・アルテが屹立していた。アルテはバスク語で「門」を意味し、二本の塔がまさに新市街のゲートとなっている。オフィスと住宅の複合建築である。

f:id:peregrino:20190308144922j:image

f:id:peregrino:20190308142239j:image

f:id:peregrino:20190308142328j:image

バルセロナのモンジュイクの丘の麓の繊維工場がリノベーションによりカイシャ・フォーラムの名の下にイベントホールに生まれ変わっている。白一色のエントランス部分はスペインの濃い青空の下、工場の古い建物と上手く一体化していた。これも磯崎氏によるものである。

f:id:peregrino:20190308142444j:image

f:id:peregrino:20190308153509j:image

f:id:peregrino:20190308142546j:image

バルセロナ中心市街地のカサ・ミラカサ・バトリョの間に、白い波模様のファサードがガウディ作品に伍して存在感を示していた。プリッカー賞受賞者の伊東豊雄氏のデザインである。

f:id:peregrino:20190308142713j:image

地中海沿岸のパエリア発祥の地はバレンシア。市街地のはずれに建つバレンシア近現代美術館の拡張計画はSANAA(妹島和世+西島立衛)が手掛けている。お二人はパートナーとして複数でプリッカー賞を受章している。敷地奥の拡張であり、更に展示会準備中の為休館中の為、はるばる訪れたが残念ながら空振りに終わった。

f:id:peregrino:20190308142738j:image

 

ところで、もひとつ。先日スマホを覗いているとtenki.jpで日本気象協会の中川裕美子さんが"2日連続の天体ショー"として、月と土星、金星の接近についてコメントしていた。2日の早朝3時半頃月と土星、3日の5時前に月と金星が接近するとあった。正月に月と金星の接近を偶然見かけたが今回もと期待を持って空を眺めた。2日の4時半の東の空には三日月は見えたが土星が見当たらない。離れた右上の方に明るい星が見えたが少し遅かったのか。肉眼では土星の環は見えないそうだが、何となく環らしきものが窺えた。

f:id:peregrino:20190308143105j:image

翌3日は残念ながら生憎の曇り空。又いつの日かの偶然の天体ショーに出会う日を楽しみに・・・・・

フランスの最も美しい村ーVezelay4

 帰りのバスまで十分の時間があり、大聖堂への参道を再び目的もなくぶらりぶらりと登って行く。到着時には大聖堂を目指していた為、無意識に眺めていたものが見えてくる。両側の建物は古いものに手を加えたもので違和感を抱かせる新しいものは見当たらない。赤くペイントされた窓や扉も上手く収まっている。

f:id:peregrino:20190228083138j:image

ハーフティンバーのファサードも特段の古さを感じさせない。

f:id:peregrino:20190228083434j:image

目を挙げると居並ぶ看板は屋外ギャラリーの感がある。

f:id:peregrino:20190217082546j:image

横道にそれるといつの時代のものか廃墟も残されていてこれも一服の絵になる。

f:id:peregrino:20190217082650j:image

屋根の上では半裸の男性が屋根の修理をしている。相当古い建物であるが、建て替えをしないでリノベーションをしながら使い続ける。

f:id:peregrino:20190227190917j:image

巡礼者の為の宿があり、中を覗くと古いもののかつてはそれなりの人の住まいであったのか、それなりの趣がある。

f:id:peregrino:20190227191021j:image

日本でも朝霧に浮かび上がる天空の城が人気があるが、ここも朝霧に浮かび上がる大聖堂が見ものと言われており、この宿に泊まっていればと欲望が広がる。

観光地では付き物のお土産屋や飲食店は余り見当たらず、洗練されたファサードのギャラリーが軒を連ねている。他の観光地でも見られたが、芸術家が住み着き作品を制作し、それをお土産として提供しているようだ。いかにもフランスである。

f:id:peregrino:20190217082942j:image

f:id:peregrino:20190228085547j:image

f:id:peregrino:20190228085617j:image

時間の余裕もあり、何軒か覗き込み拙い英語で話し込む。現地からの便りでも書いたが、前橋に息子が住んでいる女性とその兄弟らしい二人が経営するギャラリーでしばらく話し込んだ。帰りにはお土産にと作品の版画をいただいた。ただ見て回るだけでなく現地の人に話しかけ、生活の一端に触れるのが私の旅の大きな楽しみである。結構日本になんらかの縁のある人に出会える。乏しい英会話力に歯嚙みしながら頑張る。

f:id:peregrino:20190228085327j:image

f:id:peregrino:20190228085410j:image

ゆったりとした時間を過ごし、清々しい青空の下に佇む ヴェズレーに別れを告げた。

f:id:peregrino:20190217083434j:image

吉村氏は「マグダラのマリアに由来する大聖堂のある巡礼の出発点」 と述べているが、

敢えて言わせて頂くとベズレーとコンクはもう少し踏み入った表現が欲しかった。

訪問した「フランスの最も美しい村」 を紹介してきたが、なるほどと頷ける村もあるが,首を傾げる村もあり・・・であった。

フランスの最も美しい村ーVezelay3

外に出て聖堂の側面を見上げると軒の部分にも彫刻が並んでいる。

f:id:peregrino:20190216205513j:image

よく見ると人や動物の顔の様に見えるがどれも異様な容貌である。遥か彼方のシルクロードのあたりに住む想像上の怪物で、一種の魔除けらしくユーモアに溢れた表情は、柱頭彫刻同様飽かず楽しましてくれる。

f:id:peregrino:20190216203259j:image

裏に回り込み聖堂を背面から眺める。その瀟洒な姿は巨大な聖堂には見られない趣がある。

f:id:peregrino:20190216203339j:image

側の樹木の圧倒的なボリューム感は樹木フェチにとっては堪らない眺めである。

f:id:peregrino:20190216203557j:image

聖堂裏手の広場の前に展開するブルゴーニュの田園風景は第三の見所である。

f:id:peregrino:20190216203507j:image

丘を下り周回路を歩いていると城塞都市であった証の立派な城門が残っている。

f:id:peregrino:20190216203814j:image

更に進むとこんもりと佇む木立の中に赤と白のマークのある標識がが見える。ヴェズレーはフランスの主要巡礼路出発点の一つであり、これを辿って行けばあのサンチャゴ・デ・コンポステーラにたどり着くと思うと又々アル中が再発しそうになる。

f:id:peregrino:20190219175747j:image

鐘楼は隠れているが樹間にヴェズレーの家並みが垣間見える。

f:id:peregrino:20190216204053j:image

先日、東京都美術館の「綺想の系譜展」に出かけた。江戸時代の絵師岩佐又兵衛の"妖怪退治図屛風"の妖怪は悪の対象として描かれていた。

次週に続く

フランスの最も美しい村ーVezelay2

南の扉口を入ると薄暗いナルテックス(玄関の間)。前方にイスラムを思わせる濃淡二色の石組みアーチの身廊が延びる。

f:id:peregrino:20190209083606j:image

振り返ると中央扉口の裏にタンパンが浮かび上がる。これこそがロマネスク彫刻の白眉とされるタンパンらしい。

f:id:peregrino:20190209091125j:image  

近づいて見上げるとまさに「 聖霊降臨」である。そして、キリストの波打つ衣は日本の仏像を思わせるが、揺れ動いているかの錯覚を起こさせ、外部中央扉口の「最後の審判」 には感じられなかった圧倒感を覚える。12Cの本物のロマネスクと19Cの創作の違いは私でさえ見分けがつく。

f:id:peregrino:20190209091154j:image

何時の時代のものかは知れぬが扉の金物装飾も興味を引く。

f:id:peregrino:20190211155014j:image

列柱の中間部と頭部の180余に及ぶ柱頭彫刻は第二の見所となっている。 "ヘタウマ"を思わせる表現が見るものの心を和ませ、ついつい見入ってしまう。そのモチーフは旧約聖書の諸場面や聖人の物語そして神学的な寓意等多彩である。例えば、「粉挽男たち」

f:id:peregrino:20190209085412j:image 

左がモーセ、右がパウロ、挽臼はイエスで、「旧約」の教えを「新約」にかえているところ。

悪魔や不思議な動物も現れるが<修道士の悪夢から生まれた>と言われている。ゴシック以降、悪魔の幻影より死の現実を恐れるようになり、その奇異さは影を潜め怪物彫刻は精彩を欠くと言われている。

f:id:peregrino:20190209085550j:image

そして、古代ギリシャを起源とするアルカンサス(葉アザミ)も見受けられる。因みに一万円札にも使われており、息の長いデザインモチーフである。

f:id:peregrino:20190215173512j:image

残念ながら一つ一つ心ゆくまで鑑賞していると帰りのバスを逃してしまう。

 

12Cの火災後の修復の為か内陣付近の柱はゴシックに見られる細い柱を束ねた形になっている。

f:id:peregrino:20190209085709j:image

一部の壁や柱にはいつの時代のものか壁画の痕跡も見られる。

f:id:peregrino:20190209090111j:image

f:id:peregrino:20190209085916j:image

祭室の前には珍しく祈りを捧げる人も見られる。

f:id:peregrino:20190209090034j:image

教会の繁栄は聖遺物にかかっている。此処にはマグダラのマリアの遺骨の一片があり、多くの巡礼者を集め、そのお蔭で立派なタンパンや多くの柱頭彫刻が作られた。

f:id:peregrino:20190209090214j:image

しかし、13C末真贋論争が起こり裁定の結果巡礼の姿が消え、修道院は急速に衰退したとの事である。

次週に続く

 

 

フランスの最も美しい村ーVezelay

Vezelayヴェズレーについては昨年の6月11日に現地からブログをアップした。しかし、今回改めて訪問記録を残しておく。何故ならば、単なる美しい村であるに留まらず、フランスのロマネスクを語る上で避けて通れぬのみならず、フランスの四本の主要巡礼路のひとつ「リモージュの道」のスタート地であるからである。

f:id:peregrino:20190206153949j:image

当初、巡礼の出発点ル・ピュイに向かう途中に立ち寄る予定であった。ところが、家を出る数時間前のHISからの電話でエア・フランスのストで日本出発が1日遅れる事を伝えられ訪問を諦めざるを得なくなった。しかし、この機会を逃すと再度のチャンスは無いとの思いから出発までの残された時間で急遽訪問を可能とするべくプランの見直しを行なった。結果、巡礼路完了後訪れる予定であったモネゆかりの地ルーアンとジヴェルニーを無念の思いで諦める事とした。一連の大聖堂シリーズはモネ作品で最もお気に入りで、兼ねてからルーアンに一泊して時間が経つにつれ刻々と変わるノートルダム大聖堂を眺めていたいとの思いがあった。

SNCFフランス国鉄の時刻表によると土曜日以外は1日1便パリからの日帰りが可能。4月〜6月決行中のストに備え現地で調整の為予定日を何日か設定し取り敢えずのスケジュール変更を完了した。

6月11日の朝、リヨン駅近くベルシー駅からスタートし、途中で国鉄バスに乗り換え、更に最寄国鉄駅のSermizelles Vezelayで更にシャトルバスに乗り、約3時間かけてやっとの事でヴェズレーに到着した。小高い丘の麓のバス停から400人強の人が住む村の中を世界遺産のサント・マドレーヌ大聖堂に向け緩い坂道が延びる。因みにマドレーヌはかのマグダラのマリアとの事で聖母マリアではない。

f:id:peregrino:20190206174043j:image

道の両側の家並みは中世の面影を残している。有名観光地でありながらバカンス前という事もあり観光客もまばらでゆっくりとタイムトリップを楽しめそうである。帰路の電車の関係で滞在時間はたっぷり6時間。

f:id:peregrino:20190206174507j:image

f:id:peregrino:20190208101702j:image

途中から小雨がぱらつき始め、前方に大聖堂の四角い鐘塔が現れやがて教会前の広場に至る。ファサードは一般的な教会のイメージと異なり上部はアシンメトリーでデザインに統一感が感じられない。9C聖母に捧げる女子修道院として麓の川岸に創建されたが、ヴァイキングの脅威から逃れる為丘の上に移転し、その後12Cにバジリカ様式のロマネスクの新教会として建設された。しかしながら、その後13Cに完成したゴシックの仮面?と、19Cの修復の痕跡として今の姿形になったらしい。でもこれはこれで10数世紀に亘る歴史を感じさせられ別の趣がある。因みに聖堂の正面は基本的に聖地エルサレムに向かって西向きに設けられているそうだ。

f:id:peregrino:20190208175906j:image

更に近づき中央扉口上部のタンパンを見上げる。タンパンを始め教会の内外に展開する装飾は、案内者がこれを使いながら非識字者の巡礼者へ聖書や聖人の物語を語って聞かせる為のものであった。その為もありこの大聖堂は「石の聖書」とも呼ばれている。

f:id:peregrino:20190208170116j:image

テーマは「聖霊降臨」と聞いたが聖書に疎い私でも図柄?が違うと感じられるし、なんとなく新しさも感じる。その疑問は堂内に入って解決した。下に目を移すと柱の足元に三匹のネズミ。スペインでも思いがけないところでサルやカタツムリ、更には宇宙飛行士に出会ったが、真偽は分からないので私見であるが職人の遊びである様だ。

f:id:peregrino:20190208170247j:image

いよいよ左側の南扉口から堂内に入る。      ・・・・・前置きが長くなったので次週に続く

 

フランスの最も美しい村ーSt.Jean Pied de Port

6月8日のラストウオークについて昨年の9月1日にアップしたが、目的地のSt.Jean Pied de Portサン・ジャン・ピエ・ド・ポーも美しい村であった。サンチャゴ巡礼の銀座通り"フランス人の道"のスタート地点であるが、フランスの主要巡礼路四本のうち三本のゴール地点として、この村でフランス人の道に接続している。

白い外壁に赤や緑の雨戸のバスクの伝統的な景観を楽しみながら、15Cに建造された村の入口サン・ジャン門に到着。 
f:id:peregrino:20190201103547j:image
f:id:peregrino:20190201103616j:image
f:id:peregrino:20190201103707j:image
街のメインストリート"シタデル通り"を進むと"フランス人の道"の出発点の"ノートルダム門"に至る。
時間の関係で巡礼者は見当たらず観光客 も疎らである。
f:id:peregrino:20190201104835j:image
今回はその日のうちにパリに入る為、途中で右折して駅に向かう。
ローマ街道の一部としての起源を持ち、17Cには要塞都市として城塞が築かれ、近世はフランス領バスクの地方中心として繁栄したが、現在は人口1,500人強の観光地である。
6年前の2012年に四国遍路で膝故障のリハビリを確認し、サンチャゴ巡礼にチャレンジすべく期待と不安でこの地に立った時のことを思い出す。日本人にとってはマイナーな旅である為情報は極めて少ない。「聖地サンチャゴ巡礼」(ダイヤモンド社)、アマゾンで入手した112ページのガイドブック「Camino de Santiago」(John Brierley)、そしてインターネット。
取り敢えず"友の会事務所"なる所で斡旋された宿に荷を置き街歩きに出掛けた。不慣れな所に来たせいか通りを行き来するが何となくという感じ。教会の鐘楼に開いた穴のノートルダム門は珍しく印象に残っている。
f:id:peregrino:20190201112157j:image
 城塞に残されている石垣も興味深いが、明日からの巡礼を思いながら眺めるピレネー山脈が気になる。暗雲が立ち込めている。予想通り峠越えは荒れ模様で小さな避難小屋への非難を余儀なくされた。
f:id:peregrino:20190201112254j:image
f:id:peregrino:20190201112407j:image
夕方、出発に当たってのノートルダム教会のミサに参列。何が語られているかは分からなかったが、気持ちの上での準備は出来た。
f:id:peregrino:20190201112455j:image
宿に戻るとベッドの上に見知らぬ荷物が置かれている。男女共用の部屋に並ぶ二段ベッドであり、場所が指定されているものと思っていたが、ベッドの上に私物を置いていないと空きと見做される。情報不足による前途多難を思い知った。
翌朝、曇り空の下を一歩を踏み出した。
f:id:peregrino:20190201112533j:image
吉村氏は「ユネスコ世界遺産に登録されたサン・ジャック門とバスクの街並みを楽しめる村」と言っているが、残念ながら私には楽しむ為の余裕を持ち合わせないままの二度の訪問であった。
 
早2月に入り、東の空の明けの明星の側には三日月が戻っていた。
f:id:peregrino:20190202075309j:image