私にとっての旅

朝日新聞によれば歴史の教科書から坂本龍馬が消えるかもしれない。そして先週登場した吉田松陰も……。その正否の判断は私にはしかねる。しかし、大学入試に絡めて語られているのが気になる。

ところで、私にとって旅は観光の要素もあるが、歴史の現場に身を置いて色々と想いを巡らせる事にある。従って旅に出かける前には訪れる場所に関わる歴史の下拵えをしておく。その場合、歴史の教科書にあるような通り一遍の事実に留まらず、幅広い視点で見た歴史に目を通す。 

スペインではローマ帝国イスラムとの関わりのみならず、現代に直接繋がる共和制移行後の歴史も興味深い。ポルトガルと地球を二分した大航海時代と現在を横に並べてその経緯を実感できた。、

熊野古道では信仰の歴史は当然であるが、庶民の生活にも想いを及ばせる。そして、塩の道では流通の仕組みの今昔を垣間見る。

最近「チバニアン」なる言葉がニュースで耳に入った。これはなんと人類の歴史以前の地球の歴史に関わる話である。私にとっての"歴史"を超えた話であるが、ちょっと現場を訪れたくなる誘惑にかられる。そういえば塩の道ではフォッサマグナ(糸魚川ー静岡構造線)を歩き、露出させた断層を目の前にし、4億年前の歴史現場に身を置き日本列島の成り立ちの一環を知る旅となった。

f:id:peregrino:20171116172432j:image 

日本列島の歴史の現場   2017/05/19

 

私にとって"旅"は三次元の"TRAVEL"に留まらず四次元の"TIME TRAVEL"である。次はどんな歴史に身を置くことができるか楽しみである。

 

 

マイナーな歴史も楽し

箱根駅伝出場の決まった喜びに沸く国士舘大学が、創立100周年記念として1821年に伊能忠敬が作成した大地図「伊能図」が展示されると聞き世田谷に出かけた。正・副図は既に焼失し今回は米国所蔵の複製を基本としたレプリカであるが、旧体育館の床一杯に並べられた1/36,000の200枚余の地図上を歩き回れた。その精緻さのみならず美しさに終了時間まで何度も日本列島をトレイルした。

f:id:peregrino:20171109144537j:image

ウィキペディアの写真借用

帰路"せたがや文化マップ"を手に周辺を歩く。先ずは吉田松陰を祀った松陰神社。斬首後小塚原に放置されていた遺体を伊藤博文等が長州藩の屋敷のあったこの地に改葬したとの事。次は建て替えにあたって前川國男設計の現庁舎の取り扱いで揉めた世田谷区役所。結果は第二庁舎を残すとなったが、薄汚れたコンクリート打ち放しの建物に対する区民の思いは微妙であろう。お白州跡のある重文の世田谷代官屋敷、世田谷吉良の菩提寺勝光院、源義家創建と言われる世田谷八幡宮を経て、彦根藩主伊井家菩提寺豪徳寺へ向かう。奥の一画に井伊直弼を中心に歴代藩主の墓がズラリ。質素であるがネームバリューからか威圧感を感ずる。二代藩主が門前の猫の招きで寺に雷雨を避け、和尚の法談を聞け大いに喜び、後に伊井家の菩提寺にしたとの伝説があり、招き猫の発祥地とされている。大河ドラマ「直虎」のお蔭もあり、外国人観光客を含め結構参拝客が見られた。かつて歴史教科書で見かけた名前に次々と出会わせた歴史探訪を楽しんだ。

先日地下鉄で初めて席を譲られた。自分はまだ譲る側だと自負していたが、ついにその時がきたのか。

       初めての   譲られし席    秋の暮       擬き

制約が発想を生む

  前々回の続き。湯島天満宮を後にし、一度訪れたいと思っていた鉄道高架下活用の商業施設「2k540 AKI-OKA ARTISAN」に向かう。ネーミングは"東京駅から2,540m,秋葉原御徒町の間に位置する「ものづくりの街」"を意味する。優れた発想力と意欲を持つ若手のクリエーターにプレゼンスの場を提供しており、ファション、雑貨、飲食等の50あまりの店舗で構成されている。立地と老朽化した鉄道施設というマイナス要因がこの発想を可能にしたと思う。年齢のせいもあり私の購買には結びつかなかったが、暫しの楽しい時間を提供してくれた。

個人的には"箱"に興味を惹かれた。古い高架下という事もあり、改修に当たって多々問題があったと思うが、シンプルな構造、高い天井そして柱頭のたくまざるデザインを上手く活かしていた。大袈裟に言えば、ヨーロッパの古い建物に入ったと錯覚した。この挑戦の行方を見守りたい。

 f:id:peregrino:20171019162900j:image

一番のお気に入りスポット?  2017/10/14

 

さらに日本橋に足を延ばし、三重県のアンテナショップで熊野古道伊勢路」の再生を続けておられる方の話を聞いた。熊野古道の引き出しを開けて閉店時間まで懐かしく聞き行った。

ところで以前大手デベロッパーが手がけた銀座の百貨店跡地の商業施設に入った。有名ブランドを集めた流石と思わせる出来上がりであったが、天井の低さによる圧迫感が気になった。ここでは地下に能舞台を設けていたが、唸らせる発想は伺われなかった。恵まれた好立地とそれに伴う地価が新たな発想を阻んでいると思わせた。

 

心で聴く

 

リタイアー後は一生活者として新聞は全国紙から地域紙に切り替えた。その新聞社が主催するフォーラム「知らない 知りたい 沖縄」に出かけた。

基調講演は本人曰く"自民党出身"の翁永沖縄県知事。「本土の人に沖縄県民の傷みを分かってもらえるのは容易ではない。現状では約八割?の人が日米安保容認の意思表示をしている。沖縄並みの基地を引き受けて貰えれば痛みは共有できる。その動きは起こっている。」と述べる。

パネルディスカッションでは、法政大学総長の田中優子氏が「ストレートにではなく、関心の高まっている文化・観光を通じて徐々に理解を深めるのが良いのでは」と提案する。

沖縄問題、そしてカタルーニャ問題は「民族の尊厳」に関わる問題と私は思っている。

後半は沖縄音楽のライブ。若手のミュージシャン上間綾乃さんが「ウチナーグチは分からないと思うが、耳で聞くのではなく心で聴いて欲しい」と前置きして歌い始めた。そして「ウチナーグチに"悲しい"と言う言葉が見つからない。それに近い言葉で」と前置きして「悲しくてやりきれない」を…

ネーネーズで知られた古謝美佐子さんは「ウチナンチューは賑やかではない。情けを尊ぶのだ。」と声高らかに歌う。心で聴けたのか、歳のせいなのか涙がにじむ。

ポルトガルリスボンでアルファマ地区にファドを聴きに行った。アマリア・ロドリゲスの知名度やファドが漁に出かけた男の無事を願う歌と知らされ女性歌手が思い浮かぶが、ここで聞いた年配の男性歌手の歌が胸に沁みた。歌詞の意味は理解不能であったが心で聴けた。その歌手は店の表に立っていたが、その風貌からてっきり"用心棒"と思い込んでいた。        "Me desculpe"

f:id:peregrino:20171023073045j:image

 Cantor de Fado  2013/6/10

神頼み

"師走の衆議院選挙が通り過ぎて行った。まさに乗る予定のないバスがどこからか現れ、あっという間に通り過ぎて行ったと形容するのが一番実感に近い。ほんとうに有権者をなおざりにした選挙だった。"

高村薫さんが読売新聞「寸草便り」2014年12月25日に寄せたものである。(「作家的覚書」岩波新書より) 後日、彼女はこの文をほぼそのまま原稿に記すのではないか。いよいよ日本の行く末は神にすがる以外に無いのか。 

T大で中東情勢に関するシンポジウムがあり出かけた。米国との関係が主たる内容で興味深いものであった。構内の建物は長年の風雪で外壁の老化が見られるものの、建物群としてのデザイン特にカラーコーディネートへの配慮が感じられホッとさせられる。一方、最近その中に新しい建物が次々に建てられている。高名な建築学科の先生の設計と推察されるが、個々の建物のデザインはさすがと思わせられるが…………(あくまでも私の個人的見解である)

帰途久し振りの街歩きで湯島天神に向かう。境内に入ると入試シーズンが見えてきたせいか結構賑わっていた。メジャーな学問の神様だけあって合格祈願の絵馬がてんこ盛り。最近は個人情報保護とかでシールを貼ると聞いていたが、ここではアッケラカンと情報丸見え。お願いは大学入試関係が、多いが小学校入試から資格試験まで様々。その側に縦横の目盛りの入った大きな物差しが設置されていた。使用目的は確認しそびれたが、縦軸は子供の成長絡みか?。さて横軸は、胸のあたりに目盛りがあるので大人の成長絡みか?。と、妄想しながら参道を下って行った。

f:id:peregrino:20171015105652j:image

湯島天神境内にて  2017/10/14

 

国家とは

カタルーニャ地方の独立問題でスペインが揺れている。一部では裕福なカタルーニャから多額な税金を吸い上げる一方、国家からの分配が不当に少ないという経済的な問題に住民の不満が高まっていると言われている。しかし私は個人的には言語・文化の問題だ主と思っている。スペインに拘りを持つ私としては看過できない事態と思っている。

カタルーニャバスクは統一以前の地域意識が根強く、スペイン人としてのアイデンティティを否定し続けている。1939年にフランコ政権が成立し、その後1975年のフランコの死去までカタルーニャバスクに対する言語・文化への弾圧が続いた。その弾圧の補償を目的とした2007年の「歴史記憶法」成立を経て現在に至るも、歴史の総括は終わっていないと言われている。

ムック「TRANSIT 22号」によると、カタルーニャ語が書ける人は15〜29歳77%で75〜84歳でも50%,日常的にカタルーニャ語を使う人は36%(2008年)である。参考までにバスク州における帰属意識は「スペインよりバスク」が5割(2005年)である。

宿の近くの路地で地面に埋め込まれたプレートを見かけた。そこに書かれた文を拙い語学力で訳してみた。

          バルセロナ評議会        薬局  Lant  Agusti   1947  2007       都市に奉仕する

「薬局を営む Lant Agustiさんが1947年から2007年にわたる都市の運営への協力に対し、バルセロナ評議会がその功に報いて設置した」と読んだ。二つの年号と上記のフランコに関わる年号の符合については……?。因みに下段はカタルーニャ語であった。

f:id:peregrino:20171012144503j:image

薬局前?の路上のプレート  バルセロナ   2015/7/3

引用の断片

最近申し訳なくも他人の文章の引用に堕している。今回も池澤夏樹さんの「叡智の断片」(集英社インターナショナル 2007/12/19)から。まずは自戒の念から

  

引用というのは自分の意見を飾るために叡智の断片を借りることだから、意見を言わない国では使い道がない。日本人は好みは言っても意見は言わない。異を唱えると角が立つから、議論は避ける。なるべくなめらかに、他人と正面からぶつからないようにして生きる。

 

そして理解しがたい突然の衆院選に直面して

 

選挙の立候補者というのは最も意見を言わなければいけない立場なのに、ひたすら「お願いします」しか言わない。政策ではなく人格を売り込んでいるみたい。

今の日本には、覚えていて引用するに値する発言が少ない。最近、政治家が言ったことで感心したことがあっただろうか?失言はしても発言をしないのが日本の政治家。小話にもならない。

もちろん日本人にだって意見がないわけではない。しかしその意見はふだんから小出しにして、互いにすりあわせ、大きくぶつからないように調整してある。従って、誰か一人の意見によってことが決まるわけではないから、失敗に終わった時も責任を取る必要がない。「和を以て貴しとなす」とはこういうことなのだろうか。

 

そしてもう一度自戒の念から

 

引用とは自分では思いつけないような気の利いた言葉を他人から借りることである。「たくさん引用を用意しておくと、自分でものを考えないで済むの」とイギリスのミステリー作家ドロシー・セイヤーズは言った。

 f:id:peregrino:20170923075459j:image

笑いを忘れた貴方にお薦めの一冊