出会った巨樹

NHKBSプレミアムで"巨樹百景"と言う再放送に出会った。数百年の長い時間を経て現在を巨樹として生きている樹木を訪ねるドキュメント番組である。その樹木に刻まれた歴史、住民の生活との関わりそして今後を綴ったものであった。見終わった時に最近目にした巨大な樹木を思い出した。先日紹介した台湾発の書店「誠品生活日本橋」を訪ねた時、その店舗の入居するビルの外構の一隅で巨大な樹木に出会った。背後に26階建の超高層を控えた巨樹である。

f:id:peregrino:20200326162910j:image

しかし、ここは日本橋である。数百年の時を刻んできた自然界から連れてこられたに違いない。確かに立派な巨樹であるがこの樹木が語るであろう何物をも感じさせない。幹の隙間から近代建築が垣間見えるだけである。養生された姿が痛々しい。ただ救われたのはその足元で過ごしている親子の姿であった。

f:id:peregrino:20200326160444j:image

この樹木の名前は分からなかったが今後の再会は無いであろう。巨大な樹木が故に巨樹ではない。巨大が故に貴からずである。

 

 住まいの近くには住民にとって誇らしい巨樹がある。平安時代に建てられた練馬宿の氏神を祀る白山神社の境内に鎮座する大欅である。かの源義家が戦勝を祈願して自ら手植えたと伝えられる。樹齢7〜800年で目通り10m、樹高25mの巨樹である。寄る年波の上20世紀末に治療を受けたとの事もあり、少しばかり痛々しさを感じる。今は冬の為葉を落としていることもあろう。緑の茂る季節に元気な姿を見に来よう。

f:id:peregrino:20200326163031j:image

因みに、国の天然記念物に指定されている。

 

毎朝のウオーキングの際に出会う巨樹群がある。"内田家の屋敷林"と呼ばれる樹林であり、練馬区の天然記念物に指定されている。樹高30m前後の欅が群をなす姿は美しさを感じさせる。今は冬であるが緑の季節にはもう一つの姿を見せる。

f:id:peregrino:20200326163201j:image

多分、江戸時代の庄屋の屋敷と思われ、その四方を囲む屋敷林と農用林の形態をよく残しているとの事である。防風と日除けの役割を持つ。中でも正門の前に立つ一本は見事である。

f:id:peregrino:20200326163314j:image

裏に廻ると嘗ての住人の居宅と思われる住宅も残されているが人影は見当たらない。

f:id:peregrino:20200326163403j:image

全貌を確認すべく我がマンションの上層階に上る。嘗ては農地の真ん中に横たわっていたであろうが、今では薄っぺらい住宅群に取り囲まれている。窮屈そうであるがその姿は美しい。

f:id:peregrino:20200326163455j:image

 

ウオーキングコースには、もう一つお気に入りの樹木群がある。石神井川沿いに今や満開の桜並木。毎日、お花見を楽しんでいる。川沿いに桜を植え花見客の足で土手を踏み固めてもらったと聞いが、ここの桜はの由縁は分からない。対岸の区のスポーツ公園には道路沿いに銀杏並木。嘗ては中央大学のグランドであった。これから青葉そして黄葉の季節へと続く。

f:id:peregrino:20200326163628j:image

 

同じコースに気になる動きが出た。新しい道路が作られ始めたがその先には隣のマンションを超える樹木群が見える。一本はどう見ても新しい道路のど真ん中に位置している。今回のオリンピックに伴う道路整備のために、地元の人々の生活に溶け込んでいた並木が伐採されると言うニュースを思い出した。

f:id:peregrino:20200326212701j:image

 

 

 

 

出会った本屋

日本では本屋が少なくなったと言ってもまち歩きをしていると本屋に出会うことがよくある。その時、特に読みたい本が思い当たらなくても中に入って一回りすることが多い。雰囲気が好きなのである。海外へ行った時も街を歩いている時には無意識に本屋さんを探す。しかし、殆ど田舎歩きの為全くと言っていいほど出会うことが無かった。

しかし、ポルトガルに出掛けた時は是非とも出会いたい本屋がポルトガル第二の都市ポルトにあった。巡礼では珍しくポルトには二泊した。訪れたいところが多かった為だが、その中でもその本屋さんは訪問希望の第一位であった。ガイドブックによるとサン・ベント駅から西に向かい、ポルトのランドマーク的なクレリゴス教会の先にあるとの事。その本屋は近くまで来てやっと確認できるほどの二階建ての小振りな建物であった。様式は分からないがそのファサードに思わず見惚れてしまう。

f:id:peregrino:20200314072814j:image

その名はレロ・イ・イルマオンと言い、最も美しい本屋として観光の対象となっており、そのせいか建物の前には多くの人が佇んでいる。中に入り前方に目を遣ると二階へと繋がる階段の背面が目に入る。背面とは言えその姿は圧巻である。視線を上に向けると木組みの天井が展開している。その下には多くの客?が屯している。NO PHOTOとあるが、旅の引き出しに仕舞っておきたいと店員の目を盗んでシャッターを押す。

f:id:peregrino:20200314072915j:image

f:id:peregrino:20200314073628j:image

奥に回り階段を二階へと上がる。

f:id:peregrino:20200314072946j:image

さすがここまで上がってくる観光客は少なく、やっと落ち着いて念願の本屋さんに出会えたことを実感できた。

f:id:peregrino:20200314073100j:image

本を見ると言うより建物を観る事に心を奪われたが、暫くの間本屋さんの空気に浸り続けた。最も美しい本屋と言う肩書きには間違いなかった。何か足跡を残しておきたいと思い、低い語学能力でも楽しめる大きなイベリア半島の地図を手に入れた。

 

ポルトガルではもう一つ記憶に残る本屋に出会った。リスボン北部の人口800人ほどの城壁に囲まれた小さな町オビドスに立ち寄った。あまり観光客の足が向かない小さな教会らしき建物を目にした。

f:id:peregrino:20200314073137j:image

開いている入り口から建物の中に入ると両側に曲線状の本棚が並んでいる。こんな小さな町にも関わらず、それも教会の建物を利用した本屋であった。

f:id:peregrino:20200314073324j:image

 

スペインのマドリードで街中をぶらついていた時、瓦の庇屋根の下に本を並べている古本屋を見つけた。何となく謂れがありそうであったので調べてみると、なんと16Cに開店した小さな本屋とあった。もっとじっくりと辿ってきた時間を感じてくればと思った。

f:id:peregrino:20200320103355j:image

 

本屋ではないが古い大学に行くと素晴らしい図書館に出会える。1218年設立のスペインはサラマンカ大学の図書館は中には入れなかったが開いた扉から中を覗くことができた。中に置かれた大きな地球儀が、嘗て地球の大半を制覇した国を彷彿とさせた。

f:id:peregrino:20200314073507j:image

ポルトガルコインブラには1308年に大学がおかれ、その中に1724年に建てられたジョアニア図書館がある。スペインと世界を二分した名残か金泥細工の内装は見事なモノであった。

f:id:peregrino:20200314073552j:image

本屋は何処へ

 嘗て本屋は住まいの近くにもあった。約20年前に現在の地に転居してきたときには近くに小さな本屋があった。散歩がてら立ち寄り、読みたい本が見つかれば購入もした。活字離れが進む中、対応策として本屋の大型店舗化進み、立地に恵まれない小型書店は次々と消えて行き、その本屋も同じ運命を辿った。

 

数年前代官山の蔦屋書店が面白いと言う話を聞き出掛けた。来店者のライフスタイルに合わせてスターバックスファミリーマートも併設している。単身生活者が手に出しそうな家電製品まで販売している。トラベルカウンターもありサービスも提供している。

 

銀座松坂屋はGINZA SIXに変身し、そこに「銀座 蔦屋書店」が出店している。イベントスペースやカフェそしてイステーブルの閲覧スペースが本棚と一体となっている。

f:id:peregrino:20200312161838j:image

f:id:peregrino:20200312164528j:image

そして、本の購入を誘発するモノも幅広く展開されている。仏像や刀剣までも並んでいる。

f:id:peregrino:20200312161940j:image

f:id:peregrino:20200312162008j:image

 

 日本橋のCOREDO室町テラスに台湾発のセレクトショップ「誠品生活日本橋」が出店している。本屋を軸とした大型店舗で日本の有隣堂書店が運営している。通路の平台に本を並べたり

f:id:peregrino:20200312162142j:image

台湾地場の商品を並べ異国情緒を漂わせている。

f:id:peregrino:20200312161639j:image

取り扱うものがモノからコトへと広がり、ガラス細工や3Dプリンターのワークショップも開催している。そこから本の購買へとつなげて行こうということである。

f:id:peregrino:20200313161724j:image

 

渋谷に新しく出来たランドマーク"シブヤスクランブルスクエア"に本屋「TYUTAYA BOOK STORE」が入店している。旅を切り口にした品揃えであり、所謂品揃え豊富な大型書店とは異なる。本棚の間にイス・テーブルがずらりと並び、中高生がたむろして宿題らしきものに取り組んでおり、その脇ではパソコンに向かって仕事に勤しんでいる若者もいる。街中のリビングルームと化している。

f:id:peregrino:20200312161402j:image

その書店を"SHARE LOUNGE"なるものが包み込んでいる。説明書きを読んでみる。「心地よく過ごしていただくために空間づくりにこだわりました。スタイリッシュなチェアに座り、街を眺めながら、仕事をしたり語らいの時間を過ごしたり 、思い思いの時間を心ゆくまでお過ごしください。」つまり、ここでは時間も売っているのだ。その価格はフリードリンク付で1時間1,000円である。

 f:id:peregrino:20200312161258j:image

f:id:peregrino:20200312161449j:image

本屋もここまで来たかの感である。

 

本屋はどこまで変貌して行くのだろうか。どうも進化しているとは思えない。嘗ての一種独特の本屋の佇まいは影を潜めて行く。

 

渋谷パルコの階段

NHKにジャズを聴きに行った。"セッション2020"と言うラジオ番組の収録で、出演は今は希少な存在となっているビッグバンドで懐かしさを伴うひと時であった。

NHKに向かう途上、昭和の時代に一世を風靡し令和に入り忽然と蘇った渋谷パルコに立ち寄った。ファッションには特段の関心を持ち合わせていないが、当然のことながら渋谷そしてパルコを強く感じさせる店づくりになっていた。昨今のインバウンドやアニメを意識し、内装は銀座や日本橋に見られる豪華さとの差別化を図っていた。来店者の年齢層は若者中心から上下に幅が広がっている様に見受けられた。

f:id:peregrino:20200210155941j:image

f:id:peregrino:20200210160012j:image

f:id:peregrino:20200210160041j:image

上層階にはパルコ劇場等の文化施設があり、その一画でガラス扉のPの文字と自転車のイラストが目に入った。まさに駐輪場のサインである。しかしここは都心の商業ビルの9階である。その場はやり過ごし後日インターネットで調べた。収容台数はわからないが、2時間無料でその後10時間ごとに100円で、営業時間は7〜24時とあり、地上からの専用エレベータを設置している。設置義務が有るのか、それとも顧客のライフスタイルを考えてのことなのか。 

f:id:peregrino:20200210160118j:image

屋上には屋上庭園があり周りの眺望が開けているが、渋谷駅周辺の夜景を間近に眺められる意外に新規性は感じられない。

f:id:peregrino:20200305072048j:image

しかし、その展望台に上る階段の途中で目を横にやると別の階段が薄っすらと浮かんで見える。幻の階段か?。よくよく見ると自分が昇っている階段がガラスの手摺に映り込んでいるものだった。でも、一瞬妙な感覚に囚われた。

f:id:peregrino:20200210160202j:image

階段ついでに。建物外部に沿って階段が降っている。不特定多数が集まる劇場の避難階段かと思ったが、時間に余裕が無かったのでこれも後日インターネットで・・・

f:id:peregrino:20200210160228j:image

"渋谷の界隈性を象徴する坂と通りを建物に取り込み、渋谷ならではの次世代の街を作る"とある。あの階段は地上まで繋がっており、外階段を使っても店舗にアクセス出来る仕掛けになっていた。再度訪れこの階段を昇り降りしてみたい。

f:id:peregrino:20200210160816j:image

当日は取り敢えずエレベータで一階に降り、NHKに向かった。

f:id:peregrino:20200210160322j:image

 

後日、六本木のTOTOギャラリーで同じ様な経験をした。ショウルームを地階に降りて行くと目の前に"幻の階段"?が現れた。

f:id:peregrino:20200304142326j:image

後ろを振り返るとそこには今降りてきた階段が・・・

f:id:peregrino:20200304142612j:image

 

出逢った椅子

日常的に椅子との出会いはあるが、旅先でも記憶に残る椅子に出逢った。思い出すままにたどってみよう。

スペイン と言えばガウディ。北部のカンタブリア海沿いを歩く"北の道"の途上の奇想邸(エル・カプリーチョ)で出逢った椅子。因みに、オーナーは日本の女性と聞いた。

f:id:peregrino:20200213213352j:image

バルセロナ近郊のコローニア・グエル教会堂の半地下礼拝堂の椅子。因みに、地上の教会堂本体の建設は中断し未完のままである。

 f:id:peregrino:20200213222148j:image

バルセロナグエル公園の転落防止を兼ねたベンチ。因みに、タイルを細かく破砕する事により複雑な曲線に馴染ませ、自由な配色や造形を可能としている。座り心地は・・・・

f:id:peregrino:20200213223207j:image

"フランス人の道"のレオン市のボディーネス館の向いのベンチには,ガウディが腰を下ろし読書に耽っている。この様なベンチは方々で見かける。マラガではピカソに出会った。因みに、隣の女性はグラナダに留学中。

f:id:peregrino:20200213220309j:image

宿近くのリチャード・マイヤー設計のバルセロナ現代美術館のロビーで見かけた。白で統一したインテリアは清々しい気持ちにさせる。因みに、この美術館は治安上問題のあるこの一帯の再開発の一環として導入されたそうだ。

f:id:peregrino:20200213222608j:image

"銀の道"のサラマンカで通りかかった開店前のレストランのテラスで見かけたストールとテーブルのセット。その収まり具合に思わず見惚れてしまう。

f:id:peregrino:20200213222651j:image

 マドリードの北部の城塞都市アビラ。城壁に沿って並ぶベンチの脚はくずかご。歴史を感じさせる重厚な石造りの城壁と機能性と軽快感を感じさせるベンチとのアンバランスさに面白さを感じた。

f:id:peregrino:20200213223242j:image

 ポルトガルリスボンの西北部シントラに嘗ての王家の夏の離宮がある。そこには当時の調度品も残されている。そこで見かけた椅子の肘掛。果たしてこれは何様式の椅子であろうか。因みに、建物はイスラム教徒が残したものを、その後増改築を重ねた結果ムデハル、ゴシック、マヌエル、ルネサンスと多様な建築様式である。

f:id:peregrino:20200213213740j:image

 フランスの最も美しい村のローゼルトには芸術家が住み着いて作品作りをしている。その一軒では金属を切断溶接をして椅子等の家具調度品を制作していた。因みに、フランスの最も美しい村は2013年現在なんと157村あるそうだ。

f:id:peregrino:20200213213820j:image

 

東京庭園美術館 で展示されたブラジルの僻地に住む原住民が作った動物をモチーフにした椅子。素朴でありながら何となくユーモアを感じさせる作品であった。因みに、その時は知らずに鑑賞していたが、あれこそは先日紹介したアール・ブリュットとの出会いだったのだと気付かされた。

f:id:peregrino:20200213214039j:image

熊野古道伊勢路の宿"山帰来"には二度お世話になった。ダイニングの前のテラスで数百年の風雪に耐えてきた巨木のソファー?に座り、その歴史に思いを致しながら熱いコーヒーを頂いた。因みに、宿泊は一軒家に一日一組である。

f:id:peregrino:20200228172440j:image

再び東京庭園美術館である。旧朝香宮邸の本館と新館を繋ぐ通路のガラス壁面にはドット状の凹凸の加工がされている。その為外部テラスの椅子は現代アート。因みに、日差しの強い午後がオススメです。

f:id:peregrino:20200213220853j:image

慶應大学三田キャンパスの萬來舎に残されているイサム・ノグチさんの椅子テーブルは彫刻作品を思わせます。因みに、その他彫刻作品も建物内外に展示されている。

f:id:peregrino:20200213230159j:image

 

思い浮かぶままに旅の引き出しから取り出してみた。

 

 

 

MOMATのいす、そして階段

美術の専門教育を受けてない人が、伝統や流行にとらわれず、自身の内側から湧き上がる衝動のままに表現した作品をアール・ブリュットアウトサイダー・アートと称し世界的に注目されていることを知った。東京国立近代美術館(MOMAT)/東京藝大/NHKが主催するトークセッション「人知れず表現し続ける者たち」が開催されたMOMATに出かけた。同タイトルのNHKドキュメンタリー番組上映後、パネラーにワシントンナショナルギャラリーシニアキューレーターのリン・クック氏と東京藝大美術館長の秋元雄史氏、モデレーターにMOMT主任研究員保坂健二郎氏でトークが始まった。日本では知的障害者精神障害者福祉施設におけるアートセラピーとしての作品と思われることが多い。しかし、欧米においては作者は社会不適応者、受刑者といったあらゆる種類のアウトサイダーたちが半数を占める。リン氏はこうした展示会でも作者の背景の説明はしないと言う。区別する事に意味が無いし、仕切りを設けるべきで無いと言う。パラリンピックの話を聞いたときにも同じような発言があった。美術作品鑑賞の幅が少し広がったと言う結論で話題を変える。

同館で開催中のMOMATコレクション展で、昨年開校100周年を迎えたドイツの造形教育学校バウハウスの特集をやっていた。そこには建築家ミースのカンチレバーチェア

f:id:peregrino:20200218174004j:image

そして、同じくマルセル・ブロイヤーのワリシーチェア(左)が展示されていた。

f:id:peregrino:20200220153037j:image

そういえ展示場内には来場者が利用できるデザイン性豊かな椅子があちこちに置かれていた。海外でも高く評価されている柳宗理のバタフライスツール

f:id:peregrino:20200213202000j:image

テラスに置かれたチェアは、歩き疲れた身体を寸時休めるにはもってこいの座り心地。デザイナーは?

f:id:peregrino:20200213202101j:image

f:id:peregrino:20200213202144j:image

目の前に広がる皇居東外苑の緑が過労気味の脳と目をリフレッシュしてくれる。しかし、左に目を移せば我こそはと背伸びをする大手町のビル群に疲れがぶり返す。

f:id:peregrino:20200220154050j:image

片隅には場違いを思わせるこんな椅子も。

f:id:peregrino:20200213202500j:image

そして、日本画の展示室にはその場の空気を配慮した和風のスツールが並ぶ。

f:id:peregrino:20200213202212j:image

現代アートの展示室の椅子は何故か日曜大工が作ったと思われる脚の歪んだベンチが頑張っている。

f:id:peregrino:20200213202254j:image

と、美術館では展示されている名画以外にも楽しむことが出来る。

建物の設計は谷口吉郎さん。私が愉しむといえば忘れてならないのは階段だ。

f:id:peregrino:20200213202405j:image

洗練された姿のみならず床面の落ち着いた色は流石と思わせる。

f:id:peregrino:20200214222457j:image

 

 

 

続々ミュージアムを愉しむー映り込み編

先月、江東区東京都現代美術館の階段まで紹介した。その手摺のガラス面に映り込んだ建物をズームアップして眺めると楽しみが増す。

f:id:peregrino:20200213142821j:image

美術館の外部には水盤があり、その水面への映り込みには又異なった印象を与える。

f:id:peregrino:20200124164710j:image

更に、反射による映り込みとは別に床への影による映り込みは更に異なった姿となる。

f:id:peregrino:20200213142928j:image

そして、鑑賞後のひと時を過ごす来館者の姿を加えると、又々新たな姿を表す。

f:id:peregrino:20200124164737j:image

 

六本木の国立新美術館"DOMANI 明日2020"と題する展示会に出かけた。文化庁が支援する「新進芸術家海外研修制度」の成果発表の場である。今回のテーマは「傷ついた風景の向こうに/Landscapes in Our Age:Scarred and Reborn」で、私達が経験した天災や人為的災いにより生じた「傷痕」について、直後のジャーナリスティックな表象でなく、時間を経て生まれた表現を集めたとある。少々難解さを感じさせるが、あまり深く肩苦しく考えないで鑑賞する。

f:id:peregrino:20200123201624j:image

印象に残った作品は日高理恵子さんの樹木、自然が本来持つ、毎年生ずる摂理ー芽吹き、葉が育ち、落葉するーに向き合った<空との距離>。大きな空間に負けない生命力を鼓舞される迫力ある作品であった。一見すると写真を思わせるが、麻紙に岩絵具で描いた絵画である。

f:id:peregrino:20200124173841j:image

 

そして、東日本大震災をはさんで営々と制作した、膨大な数の金木犀の葉の葉肉を取り、脱色し、つなげた<景色のはじまり>を、この美術館の天井高豊かな空間に合わせてあらたに構成した宮永愛子さんのインスタレーションも。

 f:id:peregrino:20200124182432j:image

f:id:peregrino:20200124174938j:image

両作品共、展示室のスケールをものともしない作品であった。

 

展示室を出ると、冬ではありながら南面するファサードから射し込む強い日差しが巨大な空間いっぱいに影の映り込みを描いていた。

f:id:peregrino:20200123202409j:image

f:id:peregrino:20200123202436j:image

そして、此処でも鑑賞後のひと時を過ごす姿が映し出されていた。

f:id:peregrino:20200123202549j:image