読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安曇野点景-2

安曇野市穂高松本市  18km  晴れ

 昨日の宿「ごほーでん」はビジネス民宿と歌っているが、建物は三階建てのでっかい木造の民家風を20年前に建てたものだそうだ。リゾートホテルと言っても通りそう。しかし宿泊客は殆ど建設現場の職人。どうもしっくり来ない。

天気予報で今日の最高気温が平年並みの24℃で昨日より8℃低いと言う。遅すぎる!

田植えの終わった田んぼに写る山々は美しいが、実物の方はもう一つはっきりしない。
f:id:peregrino:20170524194127j:image

必然的に視線が下がり、例によってマンホールが目に入る。安曇野と言えば仲睦ましい男女の道祖神である。
f:id:peregrino:20170524194205j:image

実物は至るところにあり、絵柄は色々で見てまわると楽しめる。拝めば壊れてしまった夫婦仲がもとに戻るのならば手を合わせるのであるが…
f:id:peregrino:20170524194349j:image

隣の豊科には白鳥が渡来するのだろうか。
f:id:peregrino:20170524194409j:image

いよいよ終着松本市。嘗ては手まり作りが盛んであったのであろうか。
f:id:peregrino:20170524194430j:image

松本と言えば旧開智学校。展示物のなかに物騒なポスターがあった。決して最近のものではない。戦時中のものである。
f:id:peregrino:20170524194454j:image

城に向かう途中に「池上百竹亭」と言うオープンガーデンに出会った。多くの文人と交流のあった故池上喜作翁の邸宅が市に寄贈されたものである。庭の一角に気になる石碑があり、五輪を模した図形の中に「無」「何」「有」「壽」とある。「何処にもないような寿」と言うめでたい意味に解釈できるそうだ。
f:id:peregrino:20170524194512j:image

松本城は国宝であるが大地震で持たないかもしれないとの調査結果が発表された。城を出て繁華街に向かうともう一つ城に出くわした。城主は古本屋らしい。

f:id:peregrino:20170524204850j:image
商店街の一隅で嘗ての造り酒屋が「蔵シック館」として市により公開されていた。財力を反映した建物で、入ったすぐの土間の吹き抜けには度肝を抜かれる。

f:id:peregrino:20170524194607j:image

今回のロングトレールも今日まで。異常気候と体力の衰退でいくつかのトラブルはあったが、なんとか無事完了できた。小さな民家の「ゲストハウス東家」で一晩過ごし、明日は法事のため広島に向かう。

どうもお疲れさまでした!

安曇野点景

信濃大町安曇野市穂高  22km  晴れ

大町市は大きな街のためかローカル色のある宿が見つからずありきたりの駅前旅館。宿の人や他の泊まり客とのコミュニケーションもなく早めに寝込む 。

相変わらずの晴れであるが、地形の関係で道路が日陰となり、おまけの背後から風が吹き付け何時もより歩が進む。ところが雲が出て全体的に霞み、北アルプス表銀座のパノラマは迫力を欠く。今日は専ら身の回りで目についたものを書き連ねる。

田んぼに影を落としている屋敷の重層した屋根が気になった。平面構成を見てみたい。

f:id:peregrino:20170523194850j:image

日本最古の新明造りの仁科神明宮。本殿は国宝との事であるが、勿体なくも目にすることができない。拝殿でその姿を想像する。
f:id:peregrino:20170523194925j:image

池田町のマンホールに“てるてる坊主”の絵。その由縁は調査未了。
f:id:peregrino:20170523194943j:image

何にでも頼り、ついには“吉祥仁王さまの下駄”に願いを託す寺。

f:id:peregrino:20170523195328j:image

井上真央の朝ドラ「おひさま」の撮影に使われた等々力本陣。“とどろき”ではなく“とどりき”だそうだ。欄間のモチーフは勿論「山」。
f:id:peregrino:20170523204738j:image
宿につき風呂・洗濯を済まし、近くの大王わさび農場へ。一面黒いネットで覆われ、腰を低くして覗きこまないと山葵は見えない。熱に弱いのだそうだ。私も熱に悩まされているが誰も配慮してくれない。水は冷たく澄んでおり、縦の水路から畝の間の横の小水路を経て、隣の縦の水路から排水されるシステマティックな水流が形成されている。
f:id:peregrino:20170523195046j:image

f:id:peregrino:20170523195142j:image

テレビを見ていると、このエリアが三日連続の真夏日だとか、全国二位の最高気温だとか騒ぎ立てている。

 

やっとペース回復か

白馬~信濃大町  25km  晴れ

まずは昨夜の宿の紹介。オーナーは神奈川県のかたで30代で起業しほぼ30年。私の個人的実感として素泊まりの一人旅は歓迎されないようであるが、この宿は一人旅特に安全を気にする女性のそれ大歓迎を謳い文句にしている。建物はペンション風であり、備品・設備に至るまでご主人のセンスが徹底されているが、残念ながら宿泊者がついて行けないのか、あちこちに注意書が見受けられた。ドミトリーであれば二食付きで5,800円で写真の夕食と朝食(パンとスープがつく)。コストパフォーマンス抜群。全てご主人一人で調理。
f:id:peregrino:20170521221121j:image

f:id:peregrino:20170522194253j:image

同室者は千葉の人で車であちこち一人旅。朝早く目覚めご主人推薦の姫川源流の親海湿原とオリンピックをのジャンプ台へ車で案内してくれた。一人旅同士の良いところである。
f:id:peregrino:20170522194331j:image

雪山のパノラマをゆっくりと眺めながら歩き始める。
f:id:peregrino:20170522194424j:image

墓石の黒いのが気になった

f:id:peregrino:20170522194445j:image

至るところに石仏がある。昔の旅人はそれを道しるべにし安全を祈願しながら歩いたのであろう。
f:id:peregrino:20170522194531j:image

建物の外周に大きな格子が組んである。推測するに稲を干すための柵であろう。
f:id:peregrino:20170522194559j:image

大町の市街地に昔の塩問屋の建物を活用した「塩の道ちょうじや」と言う博物館がある。明治22年の大火で建て直しているが大きな財力を思わせる素晴らしい建物である。
f:id:peregrino:20170522194705j:image

展示物に「ボッカ輸送規約」とあり、特急便として生魚を糸魚川から大町までのいくつもの峠越えのある80kmを24時間で運ぶとある。実際歩いてきたものとしてはとても信じがたい。アマゾンもびっくりである。

f:id:peregrino:20170522210649j:image

ところで今日は計画の24kmを歩ききった。ほぼ平坦の道であったが、影を求めて道路を右へ左へと移動し、最も暑い昼過ぎは風通しの良い日陰で休息を取った効果があったのか。

 

農家ゲストハウス

小谷村瑞穂集落~白馬  11km  晴れ

昨日の宿「梢の雪」は滋賀県から来た30前後の若者と建物のオーナーが共同で経営している。

到着して休んでいると夕食の食材の野草採集の誘いがかかり、宿周辺の草むらへ出かける。その後皆で夕食の仕込みを済まし、温泉に出かける。車で20分で姫川温泉へ 。なんと昼間に悪戦苦闘の末たどり着いたところである。日帰り入浴であるが多くの入浴客で賑わっている。宿に帰り皆で夕食の準備完了。食事はいろりを囲み話が弾む。

f:id:peregrino:20170521204953j:image

オーナーの蘊蓄の深い話は興味深い。寺の庭を思わせる囲炉裏の灰の模様にも一言二言。
f:id:peregrino:20170521205052j:image
ところで同宿は富山からやって来た若者で、転職の合間のインターバル期間との事。何と軽トラでやって来た。後は名古屋から来た女性教師の二人連れ。

今朝は近所の養鶏場に出掛け地鶏の玉子確保。
f:id:peregrino:20170521204916j:image
朝食は縁側で新緑を愛でながらの卵かけご飯。

f:id:peregrino:20170521203110j:image

出発は九時半と遅く、これが後の行程に影響する。

今は田植え時で峠近くの田んぼでもその作業が見られる。この数日間まれに見る暑さで日中は屋外では軽く30℃を越えている。彼らは仕事であるが私は遊び。

f:id:peregrino:20170521205250j:image

熱中症の不安と今までにない弱気が襲ったが、やっとの事で南小谷駅までたどり着いた。駅舎に入るとそこには何と畳敷の休憩所。えい、ままよと近くの店でビールを買い込み二時間後の電車まで昼寝。

目的地の白馬までの切符を買ったが、車窓に雪山のパノラマを目にしたとたん一つ手前の駅で飛び降り、最後の力を振り絞り宿まで歩いた。
f:id:peregrino:20170521205321j:image

途中で見かけた中学校は、教育県長野らしさを感じさせるものであり、道路脇の石仏群は街道筋の点景として心を和ませてくれた。

f:id:peregrino:20170521220314j:image
f:id:peregrino:20170521205436j:image

今日の宿は白馬の麓の整然とした街並みの続くみそら野の「風の子」。そろそろ眠気が襲って来たので続きは明日に。



やってしまいました!

塩の道温泉~小谷村中土瑞穂集落  18km?  晴れ

今日も雨飾山を眼前に見据えながら歩を進める。手元に資料がないので、深田久弥が何と表現しているかわからないが、私には毅然とした態度で単座している女性に見える。とにかくその姿が気になる。

f:id:peregrino:20170520193425j:image

f:id:peregrino:20170520193455j:image

今日は標高860mの大網峠越えで今回のコースで最もハードな歩きである。そして遂にやってしまいました。身体がなれ7てない上にこの暑さで別の谷筋に下りてしまった。泣く泣くもとの登り道を引き返す。標識は結構設置されているが、最も必要な分岐点には不思議と見当たらない。文句を言っても始まらない。最終的には自己責任である。やっと地元の人に出会い軌道修正したが、1時間以上のロスと圧倒的な体力の消耗。やむ無く電車で二駅移動。結果本日の歩行距離26.5kmは約18kmに短縮。電車の便数が極端に少ないが運良く20分後の便があった。駅前の店で取り敢えず昼食のパンをと思ったが、今時そんなものは売れないそうで、品数は極端に少ない。湯を沸かしてもらいインスタントのうどんを掻き込む。

でも新緑の季節に相応しい景色にも出会えた。

f:id:peregrino:20170520221457j:image

今日の宿は江戸時代末期の民家を改修した農家民宿のゲストハウス。私が歩いているルートから4km入ったところであるが、興味深いので予約した。現在八時。私以外の宿泊者が手伝った夕食が出来上がったと声がかかった。

食事が終わった時にはすでに九時半過ぎ。ご褒美のビールで眠りの誘い。魅力溢れる宿の紹介は明日に持ち越しとする。

f:id:peregrino:20170520220734j:image



SALT TRAIL

塩の道起点~塩の道温泉  15km  晴れ

夜行バスで早朝6時前に直江津駅に到着。熟睡。電車で「塩の道」の出発地糸魚川に向かう。日本海は鈍く光っている。起点の標識は呆気ないほどシンプルである。

f:id:peregrino:20170519202729j:image

昨年暮れの大火の復旧は今だしの観が深い。

f:id:peregrino:20170519203236j:image

しかし新しい?雁木が希望を抱かせる。

f:id:peregrino:20170519203730j:image

道路脇で休んでいた年配の女性が声をかけてきた。「最近猪や熊が出たので注意しなさい」。

f:id:peregrino:20170519204248j:image

フォッサマグナミュージアムに立ち寄る。石フェチの方にはお薦め。

右に目をやると頂上付近に雪を残す北アルプス

f:id:peregrino:20170519205009j:image

嘗ての塩の道も自動車道になっている。ウトウと言う人工的な窪地など昔の風情を残しているところもある。

f:id:peregrino:20170519210256j:image

ジオパークには東日本と西日本の境界と目される断層が公開され、日本国土を改めて実感させられる。

f:id:peregrino:20170519210832j:image

f:id:peregrino:20170519210854j:image

日本百名山雨飾山の姿を愛でながら歩を進め、本日の宿所「歩荷茶屋」に到着。皮膚に滑りを感じる温泉に一息いれる。

f:id:peregrino:20170519211714j:image





 




塩の道トレイル

昨年熊野古道を歩いた時、途中の宿で高齢のご夫婦と同宿した。日本全国を車で出かけ、途中の駅近傍の駐車場に車を置き数日間歩き、元の駐車場に電車で引き返しながら旅を続けているとのこと。夕食の時「今迄で一番良かったところは」と尋ねたところ「塩の道」との答えが返ってきた。その時その名前に生活感を感じ何となく次はここかなと思った。

"塩の道"は嘗て塩を海辺から内陸に運ぶ生活上重要な道で全国各地に存在したが、一言で「塩の道」と言えば、昨年末大火に見舞われた糸魚川松本市を結ぶJR糸魚川線沿いの道である。懐かしいフォッサマグナをたどり、北アルプスの大パノラマを楽しめるという申し分のないトレイルである。安曇野では採れたての山葵を味わうこともできる。今回の選択に間違いないと思う。

19日 (金)から24日の六日間で約120kmと比較的楽な歩きであるが、年齢を考えゆったりと楽しんでくるつもりである。

私なりのアンテナに引っかかった事柄を、例により写真とともに毎日書き留めて行くつもりなので、興味のある方はバーチャルトレイルでご一緒下さい。

f:id:peregrino:20170518092200j:image 

f:id:peregrino:20170518092230j:image

f:id:peregrino:20170518092217j:image