フランスで最も美しい村ーConques-2

 吉村氏はコンクを「渓谷をゆく巡礼者たちの休憩地、人々の信仰を集めた重厚な教会」と紹介しているが、村を出る時ロット渓谷を横切る以外この辺りでは渓谷とは縁がなかった。そして、サント・フォア修道院も重厚というよりもひっそりと佇んでいたという印象である。建物は11〜12Cに建てられたロマネスク様式で、控えめに巡礼者を迎えるタンパンのテーマは「最後の審判」。土葬された死者は世界の終焉後に生前の行いを審判され、天国か地獄行きが決められる。その時まで身の振り方が定まらないので火葬にしなかったのかとのかと勝手な解釈をする。

f:id:peregrino:20181103193943j:image

観光案内所で入手した日本語の説明図を参照しながら暫くの間見入る。

f:id:peregrino:20181103194021j:image

向かって右の地獄は残酷であるが左側の天国より興味深い。

f:id:peregrino:20181103194154j:image

タンパンの淵から覗く悪魔?は何をしているのか。

f:id:peregrino:20181103194735j:image

堂内のステンドグラスはゴシックと異なり単純な装飾に留まっているが、そのシンプルさがかえって荘厳さを醸し出している。

f:id:peregrino:20181103194918j:image

 200本を超える柱には柱頭彫刻が施されているが、長い年月に殆どの物が磨耗して元の姿を止めていない。

f:id:peregrino:20181103195004j:image

外壁の彫刻が興味を引いたが、背景が分かれば更に心に残ったかもしれない。

f:id:peregrino:20181103195107j:image

観光客が必ず訪れる聖女フォアの頭蓋骨を納める人像形の黄金の聖遺物箱は何となく関心が薄くパス。

人気のない翌朝7時前に霧に浮かび上がるコンク村を出立する。

f:id:peregrino:20181103195159j:image

苔むしたローマ橋を渡りロット川の対岸から再度600mまで登りとなる。

f:id:peregrino:20181103195320j:image

途中小さな礼拝堂で村に別れを告げる。

f:id:peregrino:20181103195508j:image

評判通りの「美しい村」であったが、時期的に観光客が少なかった事、取り分け〇〇人に出会わなかった事は臍曲がりの満足感を高めてくれた。

因みに、Conquesとは帆立貝の意であり村の形状から村名となったとの事。

 

 

 

 

 

フランスで最も美しい村ーConques-1

巡礼10日目の5月18日「美しい村」コンクに向かう。 3日連続の「美しい村」である。最近は日本からのツアーに組み込まれ嫌な予感がする。

谷間にひっそりと佇む村の為、自動車道を外れ急で足元の悪い山道を300m近く一気に下る。一寸不安になった頃村役場Mairieが現れた。 

f:id:peregrino:20181101164243j:image

更に進むと家並みに入る。観光客とは反対からのアプローチの為人影は無く、「美しい村」の片鱗が伺われる。

f:id:peregrino:20181101164519j:image

石を素材とした屋根、壁、舗装。灰色で統一されながら微妙に変形した甍の波。私の好きな景観の一つである。

f:id:peregrino:20181101164639j:image

そして、村の中心をなすサン・フォア修道院付属教会の尖塔が姿を表す。

f:id:peregrino:20181101164930j:image

先ずは観光案内所に寄り地図をゲットし宿の所在を確認する。日本語の地図は有難いがへそ曲りの私には何となく旅情を削がれる感じがする。

f:id:peregrino:20181101164035j:image

宿でシャワー、洗濯を済まし村内散策に出かける。人口は300人に満たない小さな村の為地図を片手に気の向くままにぶらつく。路地の上には渡り廊下が有り両側の家が繋がっている。

f:id:peregrino:20181101165304j:image

 人気観光地でありながらバカンス前と言うこともあり比較的人影は少なく、のんびりと時を過ごしている。

f:id:peregrino:20181101165631j:image

紀元はローマ時代らしく確認はしていないがそれらしいものが目に入る。

f:id:peregrino:20181101165733j:image

狭い抜け道も楽しめる。赤い薔薇がいいアクセントになっている。

f:id:peregrino:20181101165854j:image

集落の多くは自衛の為の要塞となっているが、ここにもその遺構が残されている。

f:id:peregrino:20181101170129j:image

地元の人が山羊を連れて歩き生活も垣間見える。

f:id:peregrino:20181101170233j:image

村内を軽く一回りした後、本命の教会に向かう。長くなるので次回に紹介する。

 

 

 

 

フランスの最も美しい村ーEstaing

巡礼路で手に入れた地図を見ていて前回紹介したサン・コーム・ドルトの地図を見つけた。要塞都市として紹介したがその様子がよく分かる。12Cに荘園主の邸宅(4)が建てられ、その後周辺との紛争があったのであろう15〜16Cにサン・ダミアン教会(3/前回のサン・ペニタン教会は誤り)それを取り巻くように防御壁を兼ねた住宅が建てられ要塞となった。邸宅は現在も一部村役場として使われている。しかし傷みが酷く役場以外の部分には立ち入ることが出来なかった。

f:id:peregrino:20181023085339j:image

翌日5月16日,2番目の「美しい村」エスタンを通過する。その前に小さな集落を通りかかった。ある住宅の前で人を見かけた。朝歩き始めて3時間くらい人に出会わなかったこともあり声をかけた。片田舎であるが幸いにも私と同程度の英語が話せたので、深い話はできなかったが暫く会話を交わした。いい時間が過ごせた。

f:id:peregrino:20181026153947j:image

石造りの住宅は特段のものではなかったが、私なりに"美しい"と思い今だにその光景が思い浮かぶ。

f:id:peregrino:20181023085533j:image

f:id:peregrino:20181023085632j:image

木立の合間ロット川越しにエスタン村が現れた。

f:id:peregrino:20181023091432j:image

吉村氏によると「白い瓦屋根を頂いた石造りの館が並ぶフランス王を救った勇士ゆかりの村」とあり、貴族エスタン家が12〜15Cに築いた城塞都市である。川沿いには 防御壁を兼ねた住宅。エスタン家は13C,神聖ローマ帝国イングランドと戦っていたフランス王フィリップ二世(尊厳王)を救いシンボルの百合の花の使用を許されたとある。

f:id:peregrino:20181023091946j:image

巡礼路から外れ世界遺産ゴシック様式の橋を渡り城塞の中に入る。

f:id:peregrino:20181023085817j:image

お約束通り城と教会がセットになっている。

f:id:peregrino:20181023091508j:image

当時の面影を残す家並みを抜けて行く。

f:id:peregrino:20181023090450j:image

村の守護聖人奉納の為15〜16Cに建てられたゴシック様式のサン・フルーレ教会は質素であるが、内部のステンドグラスそして入り口前の小さな広場がいい。

f:id:peregrino:20181023090619j:image

f:id:peregrino:20181023093026j:image

f:id:peregrino:20181023092901j:image

 

f:id:peregrino:20181023090848j:image

そして村を睥睨してそびえるエスタン城。内部はちょっとした博物館であるが

f:id:peregrino:20181023093310j:image

塔の上部から見下ろす石灰岩の屋根。赤っぽい屋根は多いが白っぽい屋根はなんとなく懐かしさを感じさせ心和む。

f:id:peregrino:20181023091011j:image

f:id:peregrino:20181023091124j:image

ただ景色として眺めていると"凄い"とか"綺麗"とかの感想しか浮かばないが、少しでも歴史的事実を絡めると違った感想が思い浮かぶ。

 

フランスで最も美しい村ーSaint-Come-d'Olt

ル・ピュイの道を歩き始めて7日目の5月15日。前日は世界遺産に指定され花の咲き乱れた"Aubracの荒野越え"が季節外れの雪で辛い雪中行軍となってしまったが、高度が1,300mから一気に300m台に降ったせいもあり小雨の中の歩行となった。昼前、頂部が捻れた教会の鐘楼が目に入った。最初の"美しい村"サン・コーム・ドルトである。吉村氏によると「らせん形の鐘楼が村を見下ろす中世の面影を宿す谷間の宿」とあり、15〜16Cの中世の要塞都市である。

f:id:peregrino:20181018171549j:image

さらに進むと道の両側には当時の家並みがそのまま残されている。人影はなく静まり返ってその時代に足を踏み込んだ錯覚を起こす。

f:id:peregrino:20181018171652j:image

足元に点々と続く巡礼路を示す標識を辿って行くと、あの鐘塔の教会にたどり着く。

f:id:peregrino:20181018171812j:image

ゴシック様式のシャペル・デ・ペニタン教会である。

f:id:peregrino:20181018171909j:image

小さな村の教会らしく入口の装飾はシンプルだが、扉の彫刻に目を惹かれる。

f:id:peregrino:20181018173155j:image

中に入るとこれもシンプルであるが、ステンドグラスはいつの時代のものかモダンを感じさせる。

f:id:peregrino:20181019111102j:image

当時の要塞は住宅が防御壁を兼ねていることがある。住宅はこの地方の石造が主体であるが,柱・梁の間にレンガを充填したハーフティンバーも見受けられる。どこを見ても絵になる。

f:id:peregrino:20181018172921j:image

f:id:peregrino:20181018172148j:image

f:id:peregrino:20181018172826j:image

f:id:peregrino:20181018172341j:image

f:id:peregrino:20181018173033j:image

煙突の並ぶ反りを持った屋根も見飽きがしない。

f:id:peregrino:20181018172442j:image

宿泊は先の村なので名残惜しいがロット川を渡り先に進む。

f:id:peregrino:20181019113507j:image

石の文化のお蔭か歴史と現実の生活が渾然一体となっており、最も美しい村かどうかは別として記憶に残る村である。

ところで、鐘塔の捻りは疑問のまま残っている。

フランスの最も美しい村- 1

世の中に氾濫している可愛いとか美しい、更には最〇、最〇級といった修飾語に素直になれない 。とは言いながら先週はうっかり最〇〇について語ってしまった。

 

ところで、巡礼にあたっての事前の調べでフランスには「フランスの最も美しい村」なるものがある事を知った。質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進する事を目的として1982年に定められた。選定基準は「人口2,000人未満」「質の高い保護財産」「村らしい居住空間」「建物の外観の調和」「自治体議会の調和」とある。「美術館の村でなく、広場に人々が集まる活気に満ちた村」とも言っている。2017年5月現在で156村が指定されている。

f:id:peregrino:20181011162606j:image

 今回歩いた「ル・ピュイの道」は地図中の赤い点が集中しているフランス南部を東から西に向う巡礼路である。従って「フランスの最も美しい村」を9ヶ村訪れることが出来た。素直になれない私が今回これらの村をどのように感じたかを改めて振り返ってみた。美しいものは美しい、最も〇〇なものは最も〇〇であると、素直に感じられる方は改めて口直しに吉村和敏さんの著書「フランスの最も美しい村」全踏破の旅(講談社)やインターネットを覗いてみてください。

村の入り口には下図のサインがあった筈であるが、私は全く気がついていなかった。デザインと言い色使いと言い村をイメージさせながらも洒落ており流石と思わせられる。実物を目の当たりに出来なかったのは心残りである。

f:id:peregrino:20181011162905j:image

フランスやスペインでは日本の様に「ここが世界遺産です」とか「ここは美しい村です」とか声高に歌い上げて宣伝しないので、こちらが何かを感じ取らなければそのままスルーしてしまうことがある。

 

因みにベルギー、カナダ、イタリア、スペインそしてお墨付き大好きの日本にも同様の指定「日本で最も美しい村」が有るらしい。日本では平成の大合併とやらで多くの村が消滅しているせいか指定条件は人口1万人以下の町村としており63箇所あるそうだ。どこが指定されているかは知らない。所謂普通の観光地とどう違うのか、フランスでのあり方とはチョット違うような気がする。

続く

 

 

 

姑のクッション

 TVでフランスの旅番組をチラ見していた時道端の黄色い花が映し出された。俗称「姑のクッション」との事。名前が気になったのでインターネットで調べたが見つからない。"ル・ピュイの道"でも色々な黄色い花に出会っていたので撮影した写真を探したが見当たらない。巡礼中、単調な景色に飽きた時道端の花を撮っていたので、スペインとポルトガルの写真を調べたところありました。

 f:id:peregrino:20181005170133j:image

Fisterraにて  2012/9/30

何故これ程執着したか。写真を見てお気づきと思うが、小ぶりの花は可愛らしいが葉っぱは細く尖っている。雨が少ないためらしい。でもうっかりすると痛い目に遭いそう。誰が名付けたのか如何にもフランス人のエスプリを感じさせる命名である。

 

ところで、人間最〇〇と言われるとついつい行ってみたくなる。Fisterraは地の果て(fin de la tierra)を意味するスペイン最西端の岬で、この地は中世に生と死の境目と考えられ、巡礼の締めくくりに海で身を清め、身につけていた衣服を燃やし、西の果てに沈む太陽を眺めて、古い自分に別れを告げたと言う。私も訪れたが未だに古い自分を引きづっている。

f:id:peregrino:20181005162942j:image

f:id:peregrino:20181005163050j:image

 

 更に、ポルトガルの詩人カモンイスが「ここに地果て、海始まる」と読んだユーラシア大陸の最西端ロカ岬。はるばる東の端から来た我が日本人にとっては特段感慨深いものがあった。

f:id:peregrino:20181005163129j:image

カモンイスの石碑  2013/6/10

 

 更に更に、ヨーロッパ大陸の最西南端はポルトガルのサン・ヴィセンテ岬。かつて、世界史で出会ったエンリケ航海王子ゆかりの地Sagresから約6kmをレンタサイクルで出かけた。未知の地を夢見ながら世界に船出して行った古人に想いを馳せながらペダルをこいだ。

f:id:peregrino:20181005175039j:image

f:id:peregrino:20181005163344j:image

はるか彼方を望むエンリケ航海王子   2013/6/8

 

 

 

少年は走る

坂の上から少年が駆け下りて来る。

f:id:peregrino:20180926140519j:image

6月7日,巡礼のスタート地Le Puy en-Velayを後にして31日目、残り2日でゴールのSaint-Jean-Pied-de-Portに到着する。Aroue/Arueの宿に滞在している。バスク地方に入ったのだろう地名はフランス語とバスク後の併記である。前後の宿との位置関係で歩行距離は18kmで早くも1時前に到着した。小高い丘の上にポツンと建つ宿でさらに上のオーナーの住居以外何も見当たらない。

チェックインまでの約1時間を建物の前で 無為に過ごす。受付の後にシャワーと洗濯を済ませたが7時の夕食までタップリ時間がある。周りには何もないため宿泊者はロビーのテーブル上に置かれた食べ物や飲み物を勝手に手にし、側に置かれた箱にお金を入れて戸外に出る。テラス状の建物の前にはテーブルとイスが並んでおり、購入した飲み物などを口にしながら時を過ごす。途中で出会った人と話し込む人、漫然と風景を眺める人、シエスタを満喫するもの等々。目の前の大きな空に展開する雲は見ていても飽きることはない。

f:id:peregrino:20180926162357j:image

f:id:peregrino:20180926161148j:image

気分転換にと上に見える住宅に向かって坂を登り始める。前方から胸にrakutenのTシャツを着た少年が駆け下りてくる。しばらく見ていると妹と思われる少女と住宅と宿の間を何度も駆け足で往復している。日常での遊びのようである。

夕食の準備ができ宿泊者全員が屋外のテーブルを囲み待ちかねた食事に取り掛かる。

f:id:peregrino:20180926163810j:image

食後には色とりどりのチーズが 出され、ワインを飲みながら絶え間のない会話がいつまでも続く。こうした時間の過ごし方は我が日本人には苦手であるが、慣れてくると楽しい時間の過ごし方になる。

f:id:peregrino:20180926164041j:image

9時を過ぎても未だ明るい。明日を考え三三五五ベッドに向う。単調ではあるが心和む半日を過ごすことができた。