MOMATのいす、そして階段

美術の専門教育を受けてない人が、伝統や流行にとらわれず、自身の内側から湧き上がる衝動のままに表現した作品をアール・ブリュットアウトサイダー・アートと称し世界的に注目されていることを知った。東京国立近代美術館(MOMAT)/東京藝大/NHKが主催するトークセッション「人知れず表現し続ける者たち」が開催されたMOMATに出かけた。同タイトルのNHKドキュメンタリー番組上映後、パネラーにワシントンナショナルギャラリーシニアキューレーターのリン・クック氏と東京藝大美術館長の秋元雄史氏、モデレーターにMOMT主任研究員保坂健二郎氏でトークが始まった。日本では知的障害者精神障害者福祉施設におけるアートセラピーとしての作品と思われることが多い。しかし、欧米においては作者は社会不適応者、受刑者といったあらゆる種類のアウトサイダーたちが半数を占める。リン氏はこうした展示会でも作者の背景の説明はしないと言う。区別する事に意味が無いし、仕切りを設けるべきで無いと言う。パラリンピックの話を聞いたときにも同じような発言があった。美術作品鑑賞の幅が少し広がったと言う結論で話題を変える。

同館で開催中のMOMATコレクション展で、昨年開校100周年を迎えたドイツの造形教育学校バウハウスの特集をやっていた。そこには建築家ミースのカンチレバーチェア

f:id:peregrino:20200218174004j:image

そして、同じくマルセル・ブロイヤーのワリシーチェア(左)が展示されていた。

f:id:peregrino:20200220153037j:image

そういえ展示場内には来場者が利用できるデザイン性豊かな椅子があちこちに置かれていた。海外でも高く評価されている柳宗理のバタフライスツール

f:id:peregrino:20200213202000j:image

テラスに置かれたチェアは、歩き疲れた身体を寸時休めるにはもってこいの座り心地。デザイナーは?

f:id:peregrino:20200213202101j:image

f:id:peregrino:20200213202144j:image

目の前に広がる皇居東外苑の緑が過労気味の脳と目をリフレッシュしてくれる。しかし、左に目を移せば我こそはと背伸びをする大手町のビル群に疲れがぶり返す。

f:id:peregrino:20200220154050j:image

片隅には場違いを思わせるこんな椅子も。

f:id:peregrino:20200213202500j:image

そして、日本画の展示室にはその場の空気を配慮した和風のスツールが並ぶ。

f:id:peregrino:20200213202212j:image

現代アートの展示室の椅子は何故か日曜大工が作ったと思われる脚の歪んだベンチが頑張っている。

f:id:peregrino:20200213202254j:image

と、美術館では展示されている名画以外にも楽しむことが出来る。

建物の設計は谷口吉郎さん。私が愉しむといえば忘れてならないのは階段だ。

f:id:peregrino:20200213202405j:image

洗練された姿のみならず床面の落ち着いた色は流石と思わせる。

f:id:peregrino:20200214222457j:image

 

 

 

続々ミュージアムを愉しむー映り込み編

先月、江東区東京都現代美術館の階段まで紹介した。その手摺のガラス面に映り込んだ建物をズームアップして眺めると楽しみが増す。

f:id:peregrino:20200213142821j:image

美術館の外部には水盤があり、その水面への映り込みには又異なった印象を与える。

f:id:peregrino:20200124164710j:image

更に、反射による映り込みとは別に床への影による映り込みは更に異なった姿となる。

f:id:peregrino:20200213142928j:image

そして、鑑賞後のひと時を過ごす来館者の姿を加えると、又々新たな姿を表す。

f:id:peregrino:20200124164737j:image

 

六本木の国立新美術館"DOMANI 明日2020"と題する展示会に出かけた。文化庁が支援する「新進芸術家海外研修制度」の成果発表の場である。今回のテーマは「傷ついた風景の向こうに/Landscapes in Our Age:Scarred and Reborn」で、私達が経験した天災や人為的災いにより生じた「傷痕」について、直後のジャーナリスティックな表象でなく、時間を経て生まれた表現を集めたとある。少々難解さを感じさせるが、あまり深く肩苦しく考えないで鑑賞する。

f:id:peregrino:20200123201624j:image

印象に残った作品は日高理恵子さんの樹木、自然が本来持つ、毎年生ずる摂理ー芽吹き、葉が育ち、落葉するーに向き合った<空との距離>。大きな空間に負けない生命力を鼓舞される迫力ある作品であった。一見すると写真を思わせるが、麻紙に岩絵具で描いた絵画である。

f:id:peregrino:20200124173841j:image

 

そして、東日本大震災をはさんで営々と制作した、膨大な数の金木犀の葉の葉肉を取り、脱色し、つなげた<景色のはじまり>を、この美術館の天井高豊かな空間に合わせてあらたに構成した宮永愛子さんのインスタレーションも。

 f:id:peregrino:20200124182432j:image

f:id:peregrino:20200124174938j:image

両作品共、展示室のスケールをものともしない作品であった。

 

展示室を出ると、冬ではありながら南面するファサードから射し込む強い日差しが巨大な空間いっぱいに影の映り込みを描いていた。

f:id:peregrino:20200123202409j:image

f:id:peregrino:20200123202436j:image

そして、此処でも鑑賞後のひと時を過ごす姿が映し出されていた。

f:id:peregrino:20200123202549j:image

 

 

 

AGCの階段

前回TOTOから始めたが、今回はLIXILから始める。NHKの"日曜美術館"で京橋のLIXILギャラリーの展示会「ものいう仕口」を知った。そして出かけた。

f:id:peregrino:20200206162523j:image

仕口とLIXIL?インターネットで調べる。2011年にトステム/INAX/新日軽/サンウェーブ/東洋エクステリアが合併してできた建材/住宅設備企業で業界最大手と知った。そして納得した。"LIVING/LIFEの造語との事で一般の人には馴染みが薄い。因みに、TOTOは"東陶という会社の呼び名との整合を図るため1969年にロゴとした"とあり、こちらは既に一般に定着している。

ところで、展示の方は北陸の白山麓で民家を解体した際に出た木材の仕口部分(接合部分)を貰い受け、それを"民家のかけら"と称して紹介したものであった。

f:id:peregrino:20200202161818j:image

木材を細工するだけで建物を組立てる職人技は、まさにもの言わぬが何かを語りかけているようで、ただ黙って見入るばかりであった。そして、その姿は芸術作品にも劣らぬ存在感を漂わせていた。

 その場でもう一つ情報を得た。「福井の農民の家〜古民家を読み解く〜」と題する越前古民家研究所代表福井宇洋氏の講演会である。早速参加申込みをした。

後日出かけたのはAGC Studio。ところでAGCって?スタッフの方に尋ねた。「旭硝子がライフサイエンス分野等新たな事業領域拡大を機に社名を2018年にAGCとした」との説明。展開する企業プレゼンテーションに 懐かしさを感じながらの理解ができた。最近の急激な世の中の動きについて行けていない事を痛感する。

福井県在住の福井氏は県内の民家が次々に解体されるのに危機感を覚え調査・研究・保存活動を始め、その成果を映像を交えての講演であった。多くの実例に基づく理路整然とした説明にこれまで持っていた民家に対する興味と認識が更に深まった。藁屋根の外観や自然の形を残しながらがっしりと支える屋内の柱・梁に安心感と共に美しささえも感じた。

 

会場のあるショールームには、AIを活用した製品等がプレゼンテーションされている。しかし、中でも気になったのは単なるガラスの階段であった。一階と二階を繋ぐ階段であるが、ガラス製というフラジャイル感、そして上り下りする時少し揺れを感じる不安感、そして下方が垣間見える微妙な恐怖感と共に妙な高揚感を覚えた。

f:id:peregrino:20200202174807j:image

f:id:peregrino:20200202174847j:image

階段に敢えてガラスを使うのにはその辺りの微妙で複雑な感覚に訴える効果を狙っているのか。

 

旅の中でも似たような感覚を覚えた事を思い出す。階段ではないが熊野古道十津川村の吊り橋

f:id:peregrino:20200202182153j:image

そして、ポルトガルリスボンのサンタ・ジェスタのエレベータの展望台に向かう階段。

f:id:peregrino:20200202182224j:image

 

 

 

 

 

 

飯野ビルの階段の?

TOTOの主催する若手建築家の講演会に出かけた。会場は内幸町の飯野ビルのイイノホールである。エスカレータで 4階に上がると 、ホールエントランスに対面する壁面に大きな壁面彫刻が現れた。抽象的なものであり、何を言わんとしているのかと暫く眺める。現代芸術は難解である。右下の斜めのノコギリ状のものだけは階段と言う具体的なものに見えた。最近、階段にこだわりを感じているせいかもしれない。

f:id:peregrino:20200129081033j:image

現代芸術は取り敢えずあまり難しく考えず、自分なりに感じ解釈すれば良いと何かの本で読んだことがある。そして、作者の遍歴を知ることが鑑賞の助けになると聞いた事もある。

気になりながらも講演を聴講後帰宅し飯野ビルのホームページを開いてみた。同ビルは数年前超高層ビルに建て替えられ、イイノの森と称する外部空間や館内に国内外の著名アーティストによる作品が点在している。その中にこの作品が紹介されていた。改築前の建物にあったものを移設したらしい。しかし、添付の写真を見ると少し違う。

f:id:peregrino:20200125215040j:image

右下の階段らしいと思っていた所に本物の階段が写っている。そうだ、これは旧ビルの時の写真だ。嘗ての旧ビルの記憶を階段で残しているのだろう。そして、更に階段で隠れていた所には新たな図柄が加わっている。。だが待てよ!作者の村井正誠さんは1999年享年93歳で逝去されており、新ビル完成時の2011年には生存されていない。つまらない推理を始める。

① 右下の階段状の部分も描かれていた原案?に基づいて再現した。

② 村井さんの弟子?にあたる人が氏の意を汲んで追加制作した。

③ 氏の生存中から建て替えが検討され、その際氏によって右下が加えられた。

④ 既に旧ビルに右下部分も制作されており、解体時に作品の右下部分が現れた。

⑤ 私が幻を見た。

本来の作品鑑賞を離れ陳腐な推理を愉しんでいる。再訪が楽しみである。

 

後日機会あり訪れる事があった。そして、まずは⑤は消去された。解決は難しくはないと思うが、謎はなぞのままに出会いの度に推理を楽しみたい。

 

イイノの森で見かけた作品"空を見るために"は私の好きな石垣であった。

f:id:peregrino:20200131100049j:image

これも旧ビルの柱型に使われていた白御影石を光の塔(ミナレット)として再生したとある。夜間には光が灯るらしい。

そして、もう一つピロティの防風スクリーンを兼ねた作品"大海原に浮かぶ自由な雲"。

f:id:peregrino:20200131100218j:image

HPの写真を見ると内蔵するLEDライトの変化により幻想的な雲を出現させるそうだ。

f:id:peregrino:20200131100337j:image 

明かり灯る頃の再訪の楽しみも加わった。

 

 

続・ミュージアムを愉しむー階段編

NHK日曜美術館で上野の"国際子ども図書館"の展示会"絵本で見るアートの100年ーダダからニューペインティングまで"を紹介していた。展示の中にダリ、アンディ・ウオーフォール、キース・ヘリングバスキアそして草間彌生奈良美智と言った馴染みの画家の作画のものがある。明治時代に建てられた旧帝室図書館を転用するに当たっては修復復元に安藤忠雄氏が関与しており、建物にも見所が多いとの事で、これは見過ごすわけに行かないと年明け早々に出かけた。

 展示には子どもに帰って楽しめた。以前紹介した展示会"エドワード・ゴーリーの優雅な秘密"では絵本を手に取ってページをめくることが出来た。しかし、残念ながらガラス越しに表紙を眺めるだけであった。展示室のインテリアは見事に修復されていた。しかし、もう一つ残念な事に例により撮影禁止。

展示室内を一巡しの後もう一つの楽しみである建物を見て回る。既存部分の背後に新しく増築された廊下部分と既存の修理復元部分が違和感無く収まっている。

f:id:peregrino:20200114165731j:image

修復された展示室内部を撮影可の廊下から扉越しに内部を撮影しようとすると、係員が慌てて飛んでくる。鑑賞の邪魔をしていないのに何故だ。しかし、"蛇道は蛇"で裏の方に回り込みガラス窓から撮影成功。皆さんにも共有して欲しかった。

f:id:peregrino:20200114165207j:image

更に、松濤美術館の経験から階段室に向かう。アメリカから輸入された鋳鉄製の手摺りの階段がそのままの姿で残されている。漆黒の塗装が力強さと共に場所に相応しい静謐さを感じさせる

  f:id:peregrino:20200114171323j:image

さすが,国立であるだけに立派な出来上がりで期待を裏切らなかった。

 

隣接の"黒田記念館"に立ち寄る。重文の"湖畔"を初めとして黒田清輝の代表的な作品がひっそりと展示され、一人向き合って静かに鑑賞できる。係員はいるが「撮影禁止」とか「離れて」とか肩苦しいことは言わない。

f:id:peregrino:20200114171346j:image

これも重文の「智・感・情」

中央の吹抜けの階段はシンプルなものであるが、ちゃんと存在感を感じさせる。

f:id:peregrino:20200114171417j:image

 

 "東京国立博物館で高御座の特別公開があるということで、話の種にと立ち寄る。入口に向って長い行列が出来ている。リタイヤ後は曜日感覚が希薄となり、その場に立ってやっと日曜日であることに気づく。でも30分弱で入場出来た。高御座はテレビ等で何度も目にしてきたが、実物を目の前にしても特段の高揚感は生じない。しかし、周りは騒然としている。

f:id:peregrino:20200114170347j:image

背後に回ると 階段があり、艶やかな敷物が台上へと導く。

f:id:peregrino:20200117195918j:image

博物館のエントランスホールでは石造りの階段がドッシリと構えていたがただそれまで。後日来館しても目にすることはできないが記憶に残る階段に出会えた。

皇后陛下のお召しになっていた御五衣・御唐衣・御裳。特段豪華さを感じさせないが、背後に広がる裳(も)は地味ながら印象に残った。

f:id:peregrino:20200117185838j:image

因みに、裳(も)とは「平安時代以後の女房の装束で、表着(上着)や袿(うちき)の上に腰部から下の後ろだけにまとった服」である。   

 

さらに、閉館まで時間のあるコルビジェ世界遺産"国立西洋美術館"に立ち寄る。作品鑑賞は当然ながら、内部を彷徨うだけで楽しめる美術館である。常設館のエントランスからはスロープで展示室に向かう。

f:id:peregrino:20200114171830j:image

スロープと言えばイメージは異なるがバルセロナで訪れた現代美術館の大胆なスロープが思い出される。

f:id:peregrino:20200123174201j:image

 展示室を進むと突然床に映り込んだ階段が目に入る。

f:id:peregrino:20200114171635j:image

 正面に回り込むと細い階段がなんと無く上階に繋がっている。でも、上ることは拒否されている。

 f:id:peregrino:20200114171752j:image

謎は謎でそのままにしておく。

 

年末のNHK日曜美術館で"デザイナー 皆川明 100年つづく人生(デザイン) のために"に出会った。氏は流行にとらわれないデザインとものづくりで注目を浴びている。ファションに特段の興味がある訳ではないが、皆川さんの日常に根ざした生活に関わるデザイン活動に強い共鳴を覚えた。木場公園の"東京都現代美術館"で開催中の展示会「ミナ ペルホネン /皆川明 つづく」に出かけた。一般人には馴染みの薄い現代美術館にも関わらず年配の女性で賑わっていた。デザインにおけるサステナビリティを実感した。

f:id:peregrino:20200117171104j:image

f:id:peregrino:20200117212947j:image

展示室を繋ぐ回廊で記憶に残る階段に出会えた。ガラスの手摺りへの映り込みは建築家が意図したものであろうか。

f:id:peregrino:20200117171245j:image

 

 

 

 

 

 

ミュージアムを愉しむ

 年も押し詰まった先月27日の日暮どき、渋谷の松濤美術館に出かけた。企画は"パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華サラ・ベルナールの世界展"。サラ・ベルナールには彼女がその才能をいち早く見出したミュシャやラリックの展示会で出会った事がある。今回の展示は女優を中心とした多彩な才能と生涯を当時の貴重な写真や肖像画、舞台衣装や装飾品のほか、ミュシャやラリックの作品によりサラの女優を中心とした多彩な才能を通覧するもので非常に興味深いものであった。当日実施される館内建築ツアー参加が主目的であっただけに嬉しい出会いであった。

展示を鑑賞した後学芸員による館内のツアーに加わった。先ずは表に出てファサードに向き合う。石垣フェチの私にはたまらないお出迎えである。石材は紅雲石と言う少し赤味がかった韓国産の花崗岩で、部分的に表面が平滑でなく心地よいアクセントとなっている。

f:id:peregrino:20200107162513j:image

再度エントランスに入り視線を上に向けるとオニキス(縞模様の瑪瑙)仕上げの天井が奥へと誘う。思わず魅入ってしまう。迂闊にも到着時には全く気づかなかった。オニキスは邪気や悪気を祓う魔除けの石との事で来年はいい事があるかもしれない?

f:id:peregrino:20200107162536j:image

展示室はお定まりの撮影不可。通路天井の光と影の放射状の束が微妙に左右に移動している。何気ない演出が洒落ている。

f:id:peregrino:20200107162634j:image

展示室は2階と地階であるが、それを結ぶ階段は一番の見所であった。空間を照らす照明を白色の壁面に影として表現する演出は見事。何度も昇り降りし時には立ち止まりながら愉しむ。

f:id:peregrino:20200107162703j:image

f:id:peregrino:20200107162813j:image

真ん中には大きな吹き抜けがあり、噴水と照明で演出されている。昼間には楕円形に切り取られた蒼い空を流れ行く白い雲のショーが楽しめるそうだ。直島の地中美術館で出会ったジェームス・タレルの「オープンスカイ」を思い出す。改めて昼に再訪しようと思う。

f:id:peregrino:20200107162723j:image

慌ただしい年末のひと時を愉しむことができた。区立美術館でありおまけにシニアという事で250円と、コストパフォーマンス抜群であった。

建物の設計者はドイツで哲学を学んだ孤高の建築家白井晟一さんである。因みに、区立でありながら建設費は区立の施設の標準単価のほぼ倍だったそうだ。個人的にはそのクオリティありと感じた。しかし、以前港区の児童公園で感じたのと同じく、裕福な区と我区との格差を痛感した次第である。

 

約15分歩き渋谷駅に戻る。街は仕事納めの務め人やインバウンド客で賑わっていた。大掛かりな再開発で大きく様変わりしている渋谷の街を改めて歩き回ってみよう。

 

 

ついでに夕景も

巡礼では朝早くから行動を起こすので感動的な日の出にめぐり合う事がある。しかし、疲れと翌日の事を考え早めに就寝するので、心に残る夕景を目にする事は少ない。地形の関係もあり日本の様な山や海に沈む日の入はほぼ期待できないが、幾つか記憶に残る夕景には出会えた。

 

最も感動的な記憶は"フランス人の道"の中世の都市Leonの手前の小さな村での出会いである。オスピタレロ(宿の管理人)の勧めで日の入りを眺めるべく、途中のメルカード(スーパー)で夕飯を調達して村外れの荒野に向かった。ポツンと一脚のベンチが有り若い男が一人座りその足元には一匹の猫。

f:id:peregrino:20200109100539j:image

それはそれでちょっと絵になる。彼らが立ち去った後ベンチに座り一人寂しく?食事をとっていると、目の前の空が朱に染まり、その色が手前の水溜りで輝き始めた。雄大な日の入りであるがそれ以上のものではない。

f:id:peregrino:20200106083455j:image

El Burgo Ranero  2012/09/16/18:01

雲が広がっているせいか太陽が厚い雲に隠れると空が暗くなり、このまま太陽は沈んでしまうのかと気がかり。

f:id:peregrino:20200106083623j:image

2012/09/16/18:14

しかし、暫くすると青空が現れ地平線沿いに朱色の帯が戻ってきた。

f:id:peregrino:20200106083539j:image

2012/09/16/18:20

朱色の帯は上方に広がり始めると共に朱色が赤色に変わってゆく。太陽が地平線に沈む瞬間夕景はクライマックスに達した。そして幕が降ろされた。

f:id:peregrino:20200105173840j:image

2012/09/16/18:34

 1時間に満たないショーであったが、オスピタレロに感謝の気持ちを抱きながら暗闇の中を宿へと向かった。

 

先週紹介したスペイン国境近くのポルトガル南部の山上要塞Monsarazでは、日の入りも楽しめた。夕食後に宿の屋上に上がり涼をとっていた。目の前には広大な空をバックに白い塔が建っている。空は時間と共に刻々と色を変える。それに従って塔の表情も変化する。単純な光景だがいつまで見ていても飽きる事はない。

f:id:peregrino:20200105174403j:image

Monsaraz  2013/06/06/20:54

f:id:peregrino:20200105174444j:image

2013/06/06/21:11

 

イベリア半島の北端をビスケー湾沿いに西に向かって歩く"北の道"で、レコンキスタが始まったアストウリアス地方の町の夕暮れはシルエットの演出で楽しませてくれた。

f:id:peregrino:20200105182115j:image

 Muros de Nalon   2014/06/11/21:24

まるで絵本を見ている様な気分になる。

f:id:peregrino:20200105182018j:image 

2014/06/11/21:44

 

Sevillaから"銀の道"を出発し3日目。イベリア半島南部の白い壁が眩しい。その白さは午後9時になっても残っていた。

f:id:peregrino:20200105174632j:image

Castiblanco de los Arroyos   2015/05/23/21:25

しかし、その白もあっという間に消え去ってしまった。まるでマジックを見ている様であった。

f:id:peregrino:20200105174731j:image

2015/05/23/21:30

 

"Le Puyの道"は途中で三本に分かれる。メインルートではないが川沿いに歩く道を選んだ。左手に岩の壁が延々と続く。何らかの地殻変動により出来上がったものであろう。

f:id:peregrino:20200108192458j:image

Pasturat   2018/05:23/19:06

日が落ちると目の前に立ちはだかるオドロオドロしい壁に変身し異様な風景となる。

f:id:peregrino:20200107151415j:image

2818/05/23/21:21

 

日の出は太陽が顔を覗かせた瞬間に強い感動を覚えるが、日の入りは夕暮れの時の流れに静かに浸ることができる。