スペイン料理と言えばパエリャ

日本人にとってスペイン料理と言えばパエリャであろう。ところが益野 碧さんの「スペイン・ライフ」においては、オリーブのタイトルの中で300字にも満たない記述である。ところが、"トルティリャ"はタイトル付きで1,000字弱。これでいいのだろうか。いや、これが現地感覚なのかもしれない。

「パエリャはいかにもスペイン的で美しい料理だ」に始まり、材料の説明があり

「パエリャは、重い食事とされているので、ピクルスを添えたり、食前のアスパラガスが出る程度で、この一皿のみで充分といわれる。」と素っ気ない。

ところで、スペインのレストランで注文しようとすると、"2人前から"とくる。せっかくだから2人前を注文すればと思われようが、ご存知のようにスペインでの1人前は日本での2人前に近い。従って一人旅の私は2回ぐらいしか食べた記憶がない。一度は「ポルトガルの道」を歩き通した日に、一緒にゴールしたイタリア人の誘いでフランス人を含めた四人で食べた。大きな平底鍋に豊富な魚介類で、日本での鍋料理を囲む感覚である。

もう一度は「銀の道」のサラマンカの手前の街でイタリア人とパエリャ専門の店での夕食。出てきたメニューに数種類のパエリャが並んでいる。なんとスペイン語に並んで英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語に続いて日本語。特段の観光地ではなく、巡礼者の通過は年間約1,200人で、統計から類推するに日本人はその0.5%にも満たない数人に過ぎない。スペイン語が話せない悲しさで、未だ謎のまま。参考までに注文は ボリューム満載の1人前からOKでした。

f:id:peregrino:20170817162804j:image

Bonos de Montemayorにて     2015/06/06

 

 

 

トルティリャ・エスパニョール

先週紹介した本「スペイン・ライフ」にトルティリャがおふくろの味として取り上げられている。

トルティリャとは、オムレツのことだ。いや、そう簡単に言ってしまってはいけない。この国のトルティリャには、百以上の種類がある。トマトや茄子、カラバシン(ズッキーニ)などはおなじみであるが、じゃがいもを使ってタルトのように焼き上げるものこそ、「トルティリャ・エスパニョール」なのである。            

                      「スペイン・ライフ」益野 碧   

私も昼食、夕食、間食として何度となくお世話になった。文中にも「おかずのようでもあり、主食のようでもあり、間食のようでもある。」とある。しかし、残念ながらじゃがいも以外のトルティリャにはお目にかからなかったし、その為味わうこともできなかった。次の機会があれば是非食してみたいと思っている。

「銀の道」のサラマンカの手前の村で夕食に トルティリャを注文した。ところが出てきたものは凡そ直径20センチ厚さ3センチの、ケーキで言えばホール?である。それまで何度も食べてきたがいつもカットしたものであり、店員に聞いてみたがこれが普通とあっさり撃退された。半分まで頑張ったが残りは朝食としてお持ち帰り。前回のボカディーリョとの戦いはこの日の約20日後くらいであり、全く学習が出来ていない。皆さんにも同じような経験がお有りと思うが、食べ物に関する失敗?は何時までも尾を引くものである。

f:id:peregrino:20170811171857j:image   

「銀の道」Fuenterroble de Salvatierra  2015/6/7

 

 

 

 

 

 

世界で一番すてきな国

 先日図書館で「スペイン・ライフ」(益野碧 文芸社)と題した本を目にし、そのタイトルに惹かれ早速借り出した。著者は大学在職中にスペインに留学し、退職後にスペインに居住して文化を研究し、その経験・知識を一冊のエッセイ集に纏めたと語っている。100ページに満たない小冊子であり、大きな活字で一枚の図版以外写真も無い。スペインに足を踏み入れたことの無い人には殆ど興味の湧かないであろう本である。しかし、私にとっては読み進めるにつれ"あるある"の連続で一気に読み切った。写真が無いことにより、自分の経験として読むことができ何度も読み返した。遂には手許に置いておきたくなり即アマゾンでゲット。なんと本体価格45円でコストパフォーマンス抜群である。

その中で"ボカディーリョ"が紹介されていた。フランスパンにトマトを塗り込み、レタスとハモンを挟んだスペイン流サンドイッチである。皮がパリパリでチョット食べにくいが 巡礼中の私の昼食の定番であった。

あるレストランで注文して出てきたのがなんとフランスパン丸々一本。こちらの人には並のボリュームらしいが、我が日本人にとっては特大以上である。悪戦苦闘する私を暫しのパートナーであるイタリアーノが笑いながら囃し立てる。結果は半分弱を翌日の朝食用にお持ち帰りとなった。

f:id:peregrino:20170804154935j:image

 「銀の道」Puebla de Sanabria での苦闘  2015/6/17

 

記憶は蘇る

 ロマネスクの時代にスペインという国家は存在しない。十一,十二世紀のイベリア半島は、キリスト教世界とイスラム世界に引き裂かれていた。    中略

スペインという統一国家の誕生する以前のイベリア半島の複雑な歴史。その錯綜こそが半島に残る多彩な中世キリスト教芸術の源泉となる。      「スペイン・ロマネスクへの旅 」  池田健二

最近ロマネスクにはまっており、次々に旅の記憶が蘇ってくる。

ヨーロッパの教会と言えば軽快かつ華麗なゴシック様式が思い浮かぶが、重厚かつ多様性に富むロマネスク様式も心に染みる良さがある。
レコンキスタ時代の一時期にアストウリア王国の首都であったスペインのオビエド。9世紀に夏の蒸し暑さを避け、風通しの良い郊外のナランコ山に 王の離宮が建てられた。その後近くの礼拝所を内部に移し、その跡が現在サンタ・マリア・デル・ナランコ教会と呼ばれている。純粋の教会建築ではないが、私の一押しのスペイン・ロマネスクである。市街地中心から路線バスで出かける。最寄バス停から斜面を登ると外構えがシンプルな方形の教会が現れる。上階に上がると嘗ての王の居室あった細長い身廊空間に出る。さらに妻側祭壇の設けられたバルコニーに出ると眼下に古都の市街が見渡せる。王にでもなった様な気分で暫し瞑想する。見所のインテリアの紹介は長くなるのでインターネットにお任せする。元の礼拝所もサン・ミゲル教会として近くに残っており、小ぶりで味わいのある佇まいである。
帰路のバス運転手に宿舎最寄のバス停を知らせてくれと頼んだら、終点近くで乗客が私一人であったせいか、ルートを少しだけ外して宿舎近くまで行ってくれた。"Muchas gracias"
f:id:peregrino:20170511095343j:image
スペイン/オビエド 20140609

山のくまさん

先日NHKの"人名探究バラエティ 日本人のおなまえっ"の動物に因んだ名前をテーマにした番組をチラ見していて、あるコメンテーターが熊の付く名前の由来について話しているのを耳にした。<元々は地名の熊野の由来の一つにあるように辺境を意味する「隈」からきている。嘗ては北日本は別として熊に出会うことは殆どなかった。後々、熊の字を当てたのではないか。>らしき話をしていたと思う。

"熊野古道"や"塩の道"を歩いていて"熊に注意"の注意書きを頻繁に見かけたし、地元の人から最近熊が出没したから注意して下さいと声を掛けられた。熊野古道小辺路」の伯母子峠の避難小屋で休んだ時、扉の下部がギザギザに欠けていたのを目にした。「ここで休んでいた。その時熊が来て外から扉を開けようとした時の痕跡だ。怖かった!」と側にいた人が当事者から聞いた話として教えてくれた。

後日ある民宿の親父にこの話をしたところ「熊野には熊なんかいやしない。何かの音に驚いて熊が出たと思っただけだ。ほんとに熊を見たと言う人がいたら会って話を聞いてみたい。」と自信たっぷりに喝破された。残念ながらと言おうか、未だ山中で熊に出会ったことのない私にとっては"真相は闇の中"。

学生時代に"蟹族"で北海道の羅臼岳に登った時、落石を頭に受け死亡した人を見かけた。熊に出会って逃げようとして落石を受けたとの話であったが、場所柄全く疑問を持たず熊に対する恐怖を感じたのを覚えている。

ところで、年初に芸人の「森のくまさん」替え歌騒動があったが、結末はどうだったのであろうか。 

f:id:peregrino:20170721081746j:image

新潟県糸魚川市で出会った"くま"   2017/05/19

immobile

世界報道写真展」を開催中の東京都写真美術館を訪れた。近年の世情を反映して中東の内乱やテロを題材としたものが多く、中には目を背けたくなるようなシーンも見受けられたがこれが現実である。

同時開催のインドの女性写真家ダヤニータ・シンさんの「インドの大きな家の美術館」と題する革新的な展示が興味を惹いた。屏風状の構造体に規格化された正方形と矩形のグリッドが組み込まれ、そこに多いものでは150以上の作品が配置されている。作品は人物が主体であるが、言葉で語ることを否定しており、縦、横、斜めのシークエンスから鑑賞者自らが解釈する。作家はキューレーターとして展示中随意に入れ替えを行う。側にはその為の作品が準備されている。展示室内での展示ユニットの配置換えも簡単で、展示場間の移動も容易であり、いわば移動式美術館である。

スペインの「北の道」巡礼路の途上のローマ人が築いた都市メリダで印象的なMuseo「国立ローマ博物館」に出会った。モザイクコレクションで有名であるが、私の関心はこの博物館が現存の遺跡の上に建設されていることである。館内に入ると嘗てのローマ街道が斜めに貫通している。さらに進むと床からモザイクで彩られた壁面が立ち上がっている。遺跡としての場所的な同一性だけでなく、2,000年の時間と空間が繋がっている。単なる遺跡訪問や博物館での鑑賞とは異なった空気感を覚える。いわば "immobile musium"とでも言おうか。 

f:id:peregrino:20170623160649j:image

国立ローマ博物館(設計ラファエル・モネオ)  スペイン/メリダ   2015/05/30

テレビで「プレパト」を視ていて突然浮かんだ"才能なし"の一句

        熱きメリダ    モザイクの壁    刻を編む

いつも旅のなか

人それぞれであり旅のスタイルも色々である。従って私は他の人が何故旅に出かけ、どんな旅をし、何を見て何を感じているかに大いに興味があり、ドキュメントやエッセイ等旅関連の多くの本が本棚に並んでいる。

今手元には直木賞作家の角田光代さんの「いつも旅のなか」がある。氏は "仕事も名も年齢も、なんにももっていない自分にあいにゆこう。" と思いつくと行き当たりばったりで出かけ、その顛末をエッセイとして文章化している。とにかく面白く興味をそそられるが、私には同じような旅が出来るほど腹が据わっていない。

そしてあとがきに

旅は終わってしまうとするすると手を離れてしまう。そのとき目にしたものは、永遠に消えてしまう。旅で見たもの、出会ったもの、触れたものに、私はもう二度とあうことができない、書くことで、かろうじてもう一度、架空の旅をすることしかできない。いや、書くことで、架空にしろ、二度とできない旅をもう一度することができるのだ。           「いつも旅のなか」角田光代   角川文庫

とある。この文が私の現在の心境を表していると思い、何時ものように相乗りをさせてもらい引用させてもらった。

唐突であるが添付の写真は、フィゲレスからの帰途車窓から目に入ったもう一つの「スペインの赤」である。これも私の旅のスタイルの一片であろうか。

 f:id:peregrino:20170706093041j:image

Figueres〜Barcelona  2015/6/29