究極のサイン

 先日、東京都写真美術館から東京都庭園美術館へと裏道を通ってハシゴをしていて、以前紹介したものに出会った。

f:id:peregrino:20190822181406j:image

これを何と呼べば良いか。私にとっては国内で出会った究極のサインである。最初に出会った時暫く考えて"子供達が通学で通ったり遊んだりしています。狭い道路なのでその事を配慮の上通行をお願いします。"と自動車のドライバーや自転車通行者に協力を依頼していると理解しました。直接的な注意喚起ではなく通行者に一瞬の思考の上、指示ではなく自主的な行動を促している。

 

サンチャゴ巡礼路にも究極のサインがある。黄色の矢印である。極論すれば、単なる矢印のサインを追って行けば地図やガイドブックもなく、現地の言葉や英語が話せなくとも、無事?1,000km先の聖地に到着できる。黄色は視認しやすい色で遠くからでも目に付きやすい。

"ポルトガルの道"の出発点はリスボンの大聖堂。扉口を出て周りを見回すと柱の足元に控えめに矢印を発見。うっかりすると見逃してしまいそうだが、見つけた時の気持ちは安心を超えた喜びを感じさせる。

f:id:peregrino:20190822174432j:image

目の前に今日の宿泊地アストルガの街が展開する。その視野の中に進む方向がシッカリと刻印されている。しかし、自己主張せず遠慮がちに景観の中に収まっている。

f:id:peregrino:20190822174514j:image

"銀の道"はアンダルシアに発する乾いた道である。レコンキスタの痕跡である崩れゆく砦の傍にもひっそりと 黄色い矢印が佇んでいる。

f:id:peregrino:20190822174652j:image

遠い昔ローマ軍が進んだ石畳の道でも矢印が進むべき方向を示してくれる。

f:id:peregrino:20190822174744j:image

多くの巡礼者を導いたであろ列を成す石にも矢印が付け加わった。

f:id:peregrino:20190822174836j:image

集落に入ると途端に目に入る情報が氾濫し、頼りとする矢印が埋もれてしまいがちである。しかし、チョット注意を集中すると視野の中に入って来る。

f:id:peregrino:20190822174917j:image

多くは手書きであるが故に目立ちはしないが目に入る。"北の道"で陶器に焼き込んだものをみかけたが、手作り感にあふれるものであった。

f:id:peregrino:20190822175024j:image

 フランスの"ル・ピュイの道"では白赤白三段のサインが進む方向を示してくれた。先方で左右に曲がる場合には下側の白が折れ曲がり先が尖っていてそれを認識させる。流石フランスとセンスが伺われる。

f:id:peregrino:20190822171531j:image

赤が効いて遠くからでもはっきりと認識出来たし、突然出会った積雪の中でも見逃すことは無かった。

f:id:peregrino:20190822175132j:image

帰路に立ち寄ったヴェズレーでも偶然このサインに出会った。そうです。そこはフランスにおける巡礼路の一つ"ヴェズレーの道"の出発地だった。並列の黄色のサインは巡礼路以外のトレイルのサインであるが、疲れてくるとうっかりそのサインに導かれそうになる。

f:id:peregrino:20190822204327j:image

 

これらのサインは本来の道案内の目的は当然ながら、風景の中に溶け込んでいて宝探しを楽しませてくれる。歩けど歩けど次のサインが現れない事がある。ミスしたのではないかと引き返そうとした時、遥か前方にサインらしきものを発見。その喜びは何にも代えがたい安息と活力を与えてくれる。

 

熊野古道を歩いた時、似たようなサインを見かけたが全く違うものであった。

f:id:peregrino:20190822175251j:image

暑い!熱い!

とにかく暑い!高温に加え高湿度のため冷房の効いた屋内に逃げ込まないと不快な暑さからは逃れられない。35度超えの猛暑日も珍しくなく、台風の影響もあり40度超えの声も聞こえてくる。

 

日陰を求めて俯き加減で黙々と歩く。渇いた土地の巡礼路には陰おlを提供してくれる樹木はなかなか見当たらない。

f:id:peregrino:20190815150841j:image

運良く木陰に出会っても太陽が高く昇った昼間の陰は小さく、ザックを担いだ体ははみ出してしまう。

f:id:peregrino:20190815135124j:image

スペイン特に南部のアンダルシア地方では、5,6月と言えども日差しは強く40度を超えてしまう。

f:id:peregrino:20190815140621j:image

しかし、空気が乾いているせいか日本のどんよりし暑さと異なり陽射しがチリチリと刺す"あつさ"である。実感としては暑いのではなく熱いのである。従って日陰に入ればとりあえず熱さは凌げる。そこに時々吹いてくるそよ風が通り過ぎれば瞬時の極楽気分が味わえる。横になって休んでいてうっかりするとシエスタ状態に陥る。

集落には入ると家々の入口には簾?が下がっているが扉は開いたままである。中に入ると入口から中庭へとゆったりと空気が流れている。天然のクーラーである。そして陽が落ちると気温が下がり長袖が欲しくなる。従って火の入った暖炉は目にするがクーラーは見当たらない。

f:id:peregrino:20190815150735j:image

朝は陽が昇って熱くなる前に距離を稼ごうと、外が薄明るくなる6時前に宿を出る。適度な疲労感から9時の消灯時間にはベッドに入るので早朝出発は苦にならない。もっと早く出発できるが暗い中での歩行は頼みの綱の矢印サインを見落とす恐れがある。

7時過ぎには太陽が顔を出し、時間の経過に従って熱さが襲って来る。

f:id:peregrino:20190815144803j:image

フランス人の道や北の道はひたすら西に向かって進む。従ってほぼ左半身に日差しを受けながら歩く。

ポルトガルの道や銀の道は背後に陽を受けながら北へ北へと歩く。その結果日焼けに偏りができる。

 

このところの暑さに辛さと心地よさの織りなすスペインの熱さを懐かしく思い出す。

ちなみに辞書によると"暑い/気温が高い","熱い/物の温度や体温"とある。

 

 

学生に戻った

 「私立大学研究ブランディング事業」とやらで法政大学に発足した"江戸東京研究センター"が学外に開放しているイベントに参加すべく市ヶ谷キャンパスに通学?している。センターの設立趣旨には「都市東京のこうしたユニークな特質を生み出す基層構造をハードとソフトの両面から解き明かし、西洋型の都市モデルとは異なる21世紀にふさわしい都市のあり方を研究していきます。」とあるが、私の参加動機は主催者には申し訳ないが、趣味の歩き活動の一環と言う単純なものである。

今回、外濠開削400周年に当る2036年に向けて、「外濠の再生とその周辺のまちの魅力づくりの実現に取り組みたい」と、センターが主導して周辺の大学や地域で組成された「外濠市民塾」主催の"外濠浚渫工事見学会"に参加した。

肩苦しい前振りが長くなったが、実際の工事状態を見学することから、早朝 8時半法大大内山校舎に集合し、工事発注者と工事請負業者の事前説明を聞く。参加者は学生を中心とした塾関係者の他、外部からの参加希望者先着40名。女性も多いし子供の姿も見える。四つのグループに分かれ表に出て30度を超える市ヶ谷濠の土手の上の緑道を進む。所々に木陰があるが兎に角暑い。

f:id:peregrino:20190808081915j:image

前方に浚渫工事現場が見えてきた。吸い上げた浚渫土は濠を伝い東京湾の埋め立て地まで運ばれるが、濠の幅員や一部埋め立てによる暗渠化の為、ヘドロを運ぶ土運船が途中までしか入ってこれない。そこで浚渫現場から土運船への積み込み現場までパイプを敷設し圧搾空気で圧送する。滞りなく送る為ヘドロと水がほぼ半々の状態である。パイプの長さは着工時は2kmを超えていたが、来年2月完了に向けて工事が進んでおり現在は1kmとの事。という事は熱中症を起こしかねない暑さの中1kmの歩行が待ち受けている。

f:id:peregrino:20190808081946j:image

f:id:peregrino:20190808082008j:image

途上、お約束の江戸城市ヶ谷御門(市ヶ谷見附)の石垣に出会う。御門再建の動きもあるようだ。その際にはデザイン不調和の街灯はお役御免となるだろう。

f:id:peregrino:20190808082035j:image

 飯田橋駅には地元の反対を押し切って濠を埋め立てて建てられた再開発ビル。この部分で濠は地表から消える。当時の地元関係者が参加していて怒りを再燃させながら当時の事を話す。かつて濠のセンターに千代田区と新宿区の境界があったが、境界線上に住宅棟とオフィス棟が建てられた。前者を千代田区が後者を新宿区が取ることで話がついた。その証が建物内の床面に残っている。かつての境界線が90度回転している。

f:id:peregrino:20190808082120j:image

エントランスロビーに外国の児童の描いたコウノトリの絵を見つけた。世界の子供達が参加したコンクールの発表展示だ。

f:id:peregrino:20190808082100j:image

濠の水面上にはヘドロ搬送パイプが続く。前回のオリンピックの際にお堀端は近代的なコンクリート護岸に変わり首都高が蓋をしている。水面にはやけにくっきりと護岸上のビルが写り込んでいる。そしてメタンガスらしき気泡が一面に沸いている。

f:id:peregrino:20190808082157j:image

やっと小石川橋の積み込み作業現場に到着。はるばる送られてきたヘドロはココでパイプから土運船へ吐き出される。ダンプ10台分?のヘドロが積み込まれ東京湾へと向かう。途中の濠が狭く護岸への接触を避ける為 前方の牽引船の他に後方にも船が配置される。

f:id:peregrino:20190808082226j:image

見学はここまで。ヘドロ埋め立て現場では海水汚染防止の為、海底まで届く囲いの中でヘドロを排出する。

f:id:peregrino:20190808082251j:image

送られてきたヘドロと水を採取して見せてくれた。今日はチョット色が薄いと言っていたがやはり真っ黒といった印象である。途中で見た建物のクッキリとした映り込みに納得がいった。匂いも嗅いだが戦後のガキの頃の遊び場のドブを思い出した。

f:id:peregrino:20190808082309j:image

無事、全員熱中症は回避して見学を終え大学に戻りグループに分かれてワークショップにも参加する。

久し振りに学生時代に戻った半日であった。

f:id:peregrino:20190808082407j:image

最近、あらゆる事がオリンピックにかこつけて進められている。外濠通りもオリンピックのマラソンコースに当たっており、海外から応援に駆け付けた人達に汚れた濠を見せたくない為オリンピックを目標に工事を進めていると胸を張って語っていた。へそ曲がりの私はオリンピックが通り過ぎた後の事が気にかかる。

 

私の銀ぶら

5月10日の"色いろいろ"で触れた評論家の 荻上チキさんのエッセイ集「みらいめがね それでは息がつまるので」(暮らしの日本社)を読んだ。一体何者なのかと思っていたところ、朝日新聞社主催の「舟を編む」作者三浦しをんさんとの対談に参加できることになった。ご両人がお付き合いしている"鬱"に纏わる話が中心で、興味深く聞かせていただいた。その模様は近日新聞紙上で紹介されるそうだ。

開始は夕方であったが少し早めに出掛け銀座に向かった。世界の銀座は日々刻々その様相を変え、銀座での買い物客やインバウンドの外国人でごった返している。その一方でかつての銀座の風情を求めて銀座に出かける動きも見られる。私はへそ曲りの性格と財布との相談で後者に属し、山田五郎さんの"ぶらぶら美術、博物館"で紹介された「奥野ビル」に出かけた。以前から行ってみたいと思い続けていたが、訪れるからには館内に入りたいとの思いがあり、その抵抗感から行きそびれていた。しかし、ぶらぶらで五郎さんが館内闖入のバリアーを取り除いてくれた。

銀座中央通りの一本裏に建つタイル貼りの7回建てのビルである。2年後に右の隣地を取得してほぼ左右対称のビルとなった。

f:id:peregrino:20190801101807j:image

昭和7年に賃貸住宅として建てられ、西条八十、佐藤千代子、吉田謙吉等が居住し、都心の高級賃貸マンションのパイオニアであろう。約3.5坪でバス、トイレは共用であった。エントランスに入ると後付けのメイルボックスがあり、今では銀座らしく入居者にはギャラリーが多く見られ、居住者はいないそうだ。

f:id:peregrino:20190801102540j:image

注目のエレベータで上階へ向かうが、ドアの開閉は手動のレトロエレベータで操作にはドキドキものである。

f:id:peregrino:20190801105103j:image

廊下に出ると狭く雑然としており、床は取り敢えず躓かない程度に手を入れている。しかし、設備関係は充分にメインテナンスされており、入居者は全く問題を感じてないと言っていた。

f:id:peregrino:20190801105320j:image

空いているドアを覗くと声をかけて招き入れてくれる。美術に関して特段の知識を持たず、見ていて何となく共感を覚える作品に出会いたくて美術館やギャラリーに出向く私のようなものにとっては、一歩踏み込むには儚い勇気がいる。でもチョットした事で会話が始められる。作品に関係なくても良い。

「最近は建物が評判になり、建物目的の人も覗いてくれる。」「下を見ていると写真を撮っている人が多いが、建物には入り難いのかそのまま行ってしまう人も結構いる。」そう言えば、「中を歩いている人にも居心地の悪そうな人も見かけた。」

f:id:peregrino:20190801105412j:image

中が見えてもこんなギャラリーはチョット入り難い。

f:id:peregrino:20190801105524j:image

そして、ドアの閉まったこんなギャラリーは大いに躊躇する。

f:id:peregrino:20190801105627j:image

アンティークショップや新商品開発のアンテナショップもあり、無目的で訪れても楽しめそうである。

場所柄、オフィスやホテル等に建て替えられてもおかしくないが、オーナーの意向で昭和の香りを残しながら大事に使い続けられている。

外に出て建物を見上げるとたくまざる緑化にホッとさせられる。

f:id:peregrino:20190801105902j:image

美術館での名画鑑賞もいいが、何という事もない小さなギャラリーを覗き、経営者や作者と気軽に話をすると言う時間の過ごし方は、海外旅行で田舎に住み込んだ芸術家と接して学んだ私なりの芸術との付き合い方である。

ヴェズレーでは、沿道のギャラリーで娘が日本に住んでいる男性とその妹の版画家とバス待ちの時間を過ごした。

f:id:peregrino:20190801110018j:image

シャルトルでは偶然見かけたギャラリーで、展示準備中の在住日本人画家に出会った。

f:id:peregrino:20190801110042j:image

 小さな村の彫刻家はその意気込みに、黙って側に立って見とれていた。

f:id:peregrino:20190801110230j:image

 

 

Keiiti Tanaamiって知ってますか。

田名網敬一さん?"私は知りません"と言うか,"知りませんでした"。その私がgggギンザ・グラフィック・ギャラリーでご本人と美術史家の山下裕二さんのギャラリートークがある事を知り、半分興味本位で出掛けた。

f:id:peregrino:20190715092851j:image

紹介文によると、「グラフィックデザイナー、映像作家、アーティストとして、積極的に横断して創作活動を続け、現代の可変的なアーティスト像の先駆者として、世界中のアーティストたちに大きな影響を与えている。世界各国で展覧会を開くと共に、著名美術館で作品が収蔵されている。」

ギャラリートークの前に展示された作品を見て回る。「一見すると奇怪でありながらもポップな妖怪画のように見える田名網近作」とあり、なんとも言えない戸惑いを持って眺めた。しかし、暫くするといつか何処かで出会ったキャラクターが散りばめられているのに気がつき、少し落ち着きを持って鑑賞できるようになった。

f:id:peregrino:20190715101827j:image

ギャラリートークでは自己紹介から始まった。1936年生まれの82歳との事であるが、ご本人を目の前にしていながら作品と全く結びつかない。武蔵野美術大学草間彌生と同級生であったと聞くに及んで何とか折り合いがついた。

f:id:peregrino:20190715101928j:image

「自身の記憶や夢を原風景に制作に取り組んでいる。」日常の遊び場であった目黒の雅叙園や戦争の記憶、愛読していた漫画やSF雑誌のキャラクター、親から譲り受けたアメリカンコミック、そして敬愛するアーティスト達の作品。

山下裕二氏は述べる。「田名網は、起草の系譜に連なる人だと思う。つまり、現在進行形の奇想の人。若冲、曽我、蘆雪・・・そして21世紀の田名網。私はかつて、田名網の事を「物静かな狂人」と評したことがある。」

制作に当たっては図や写真をコラージュしたものに手塗りで色付けをするというほぼアナログ的手法であり、キャラクター等は作者の了解済みとの説明があった。

効能書きはここまでにしてTanaami Worldを訪れてもらおう。

f:id:peregrino:20190715111946j:image

若冲はお気に入りらしく虎や鶏が彼方此方に顔を出している。

f:id:peregrino:20190715112349j:image

踊る鯉は北斎か?

f:id:peregrino:20190715112207j:image

「ご存知アルチンボルド

f:id:peregrino:20190715113001j:image

ヘタウマの画家「アンリ・ルソー楽園」

f:id:peregrino:20190715113102j:image

ディズニーは欠かせないキャラクター

f:id:peregrino:20190715113227j:image

日本代表はウルトラマン

f:id:peregrino:20190715120023j:image

知る人ぞ知る"家畜人ヤプー"には何故か"鉄腕アトム"も登場

f:id:peregrino:20190715113429j:image

アディダスとのコラボも

そして、極めつけは

f:id:peregrino:20190715113719j:image

展示の演出ではない。来場者です。因みに後ろの作品は「くもり空のふたり」?とある。

 

そして、あの「11PM」のアニメーションの制作にも携わっていた。披露された作品は今では即放送停止の声が出るであろう絵柄。当時は生放送であり、一人で作成する為約800枚の原画は放送開始寸前の出来上がりとなる。その為幸いにも無事無修正で放送出来たそうだ。

 

浅田次郎さんの「おもかげ」を読んでいて、"サイケデリック"という言葉に出会った。田名網さんの作品にもう一歩近づいた気がした。

 

 

少子化対策の助っ人?

福井県坂井市コウノトリが子育ての為電柱の上に巣造りをした。」ではニュースにならないが、「北陸電力は7月の巣立ちまで巣のある電柱を避け送電路を迂回させた。その工事中の停電に周辺住民からは苦情は出なかった。」となればニュースになる。そして、無事に育った4羽の子供と共に巣立ちの時が近づき、「7月8日、今後の調査の為子供の個体調査と共に認識の為のリング取り付けを行った。」とのニュースが届いた。その後、これに関したニュースに接していないが、既に無事巣立ちを果したものと思う。

因みに、コウノトリは天然記念物で日本には約140羽飛来するそうだ。そして、子育てを終え巣立ちに当たって親鳥は別々に飛び立ち、なんと翌年には同じ番が同じ場所に帰ってきて巣造りをするそうだ。1年後には再度ニュースで取り上げられるであろう。

ところで、サンチャゴ巡礼の途上でもスペインで何度かコウノトリに出会った。お隣のポルトガルやフランスでは子育てに適していないのか見かけることはなかった。

スペインでは日本の様な電柱は見かけないが、送電路の鉄塔の巣には出会った。しかし、特段の配慮はなされていなかった。

 f:id:peregrino:20190711182652j:image

銀の道  Zamora  20150607

街の中で高い所と言えば教会の鐘楼である。危害の及びにくい場所としてか、多くの場合古い教会の鐘楼の上が選ばれていた。

f:id:peregrino:20190719155958j:image

フランス人の道  Belorado  20120909

北の道を歩き終えサンチャゴ・デ・コンポステラからマドリードへ向かう途中「アビラ旧市街と市壁外の教会群」として世界遺産に登録されたAbiraアビラに立ち寄った。

f:id:peregrino:20190717100858j:image

アビラ旧市街  20140626

旧市街は全長2.5kmの城壁で囲まれており、その城壁の上をぐるりと周遊できる。空に目をやるとコウノトリがユッタリと滑空している。

f:id:peregrino:20190711182808j:image

ここでも鐘楼の上にはコウノトリの巣が集合住宅の如く折り重なっている。

f:id:peregrino:20190717100202j:image

多分親子であろうが、巣立ちが近いのか親と子の区別がつかない。

f:id:peregrino:20190711183003j:image

ゴシック建築のカテドラルには地元で産出する赤い石が使われており、それを背景に羽を広げる姿は一服の絵になる。

f:id:peregrino:20190711183035j:image

因みに、ヨーロッパのコウノトリは小型で嘴が黒褐色でヨーロッパ産亜種シュバシコウとして別種に分類されているそうだ。

 

先日、「江戸東京博物館」に出掛けた。常設館で何故かコウノトリに出会った。何故ここにと思いながらシャッターを切った。嘴は赤くはない。

f:id:peregrino:20190719152326j:image

隣にはトキ。その美しい姿と色に・・・・・・・

f:id:peregrino:20190719152500j:image

 

 

光で描かれた絵画

六本木の富士フィルムフォトサロンの日本建築写真家協会展「光と空間 建築の美 」に出かけた。建築物の撮影を業としている方の作品の為か建物が主役で説明的なものが大半を占めている。その中で異色の一点が目に止まった。"Qu'est-ce que c'est"と題し、ルーブル ランス美術館で撮影したものである。平面上に置かれた作品を赤いパンツの少女が覗き込んでいるもので、一見すると美術館内での点景写真と思われた。しかし、近づいて見続けていると私にはこれは建築写真だと納得できた。

f:id:peregrino:20190617143453j:image

真ん中の写真が"Qu'est-ce que c'est"

私は対象物が単に美しいとか面白いとかに留まらず、それ以上の何かを感じそれを手元に留め更に誰かと共有したいと思った時にシャッターを切る。撮影者を捕まえそのあたりの事について話したところ、その方も私と同じ考えで敢えてこの写真を出展したとの事であった。「私も昨年ランスを訪問したがこの美術館は残念ながら見逃した」と伝えたところ、「貴方の訪れたランスは大聖堂で有名なReimsランスであり、私が行ったランスは更に北のベルギー国境の嘗ての炭坑の街Lensランスです。市の資金でルーブル美術館の分館を誘致し地域振興に成功した。」との事。カタカナでは同じ表記だがフランス語では全く異る。RとLの発音が不得手な日本人のニアミスであった。

 

ところで、Reimsのノートルダム大聖堂後陣の最奥でシャガールのステンドグラスに出会った。戦災からの修復の一環としてシャガールに依頼された。旧来のステンドグラスの中にあって異彩を放つ強力な存在感があった。深いブルーでありながら明るさを感じさせる独特の色使いが印象的で、まさに光で描かれた絵画であった。

f:id:peregrino:20190617131149j:image

ノートルダム大聖堂  ランス  2018/06/10

ステンドグラスは文盲の庶民を信仰に導く為に聖書をビジュアル化したもので、名もなき職人によるものが多いが、シャガールは欧米各地にステンドグラスを残している。ル・ピュイの道巡礼路途上のモワサックにも、うっかりすると通り過ぎてしまいそうな小さなステンドグラスがひっそりと佇んでいた。モチーフは抽象的なものであったが、さすがと思わせた。

f:id:peregrino:20190523171708j:image

サン・ピエール教会堂  モワサック  2018/05/27

Reimsには藤田嗣治が建造し、夫婦で眠っている礼拝堂がある。アクセスの良くない場所でありながら多くの人が訪れている。小さなお堂であるが内部の壁面にはフレスコ画で覆われている。その中にはフジタのステンドグラスが見られる。大聖堂のステンドグラスほどの強烈な訴求力は感じられないが、独特の色使いでジンワリと染み込む感があり、長旅で疲れた心身が休まるのを覚えた。

f:id:peregrino:20190523171745j:image

フジタ礼拝堂  ランス  2018/06/10

f:id:peregrino:20190523171827j:image

f:id:peregrino:20190523172050j:image

 

因みに、ルーブル・ランスは金沢の21世紀美術館等の多くの美術館を設計したSANAAによるものであり、上記の写真家は最寄り駅からの1.5kmのアプローチの並木と美術館の外構にえらく感動していた。実現の可能性は低いが、再度の訪仏があるとすれば昨年 ストで訪問を諦めたルーアン、修復中で閉鎖されていたクリューニー美術館、イベントで閉館されていたモロー美術館、TOTO GALLERY MAで出会ったバルセロナ郊外のRCRの「ラ・ヴィラ」に加えてLensのルーブル・ランスも訪問リストに加えておこう。

そうだ、画家のステンドグラスと言えばル・コルビュジエ。フランス東部のロンシャン礼拝堂も訪れたい。

f:id:peregrino:20190707163620j:image